句会


句会連絡
by go-shichi
プロフィールを見る
画像一覧

会報Vol14

五七句会会報通巻第14号/2011年/3月発行
日時=平成22年10月23日/場所=志満金
幹事=温爺、五七
出席者=五七、ネリリ(三師由起子)、初好、クレピー、
獺、風歌、ゼルダ、温爺、竜、七子、タケシ、三間

天=温爺(38点)
地=風歌(35点)
人=五七(28点)
4位タケシ27点、5位初好24点、6位竜23点
花=五七、三間(共に3輪)

得票率
1位…椋鳥や左にぐわー右にざあー(8・3%)
2位…しみじみの数いつもより生まれ月(7・5%)


ルミちゃんのことはしゃあない柘榴どや(2輪)
紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅(2輪)

■兼題=石榴
男気を出して石榴のアタマかな      (三間)1
石榴の実割れ目にのぞくルビー熟れ    (初好)1
いびつでもそれぞれ光る割れ石榴    (ネリリ)8
母とあるくインディアンサマー柘榴熟れ  (獺)5
ルミちゃんのことはしゃあない柘榴どや  (五七)9
柘榴噛む我が唇血がしたたる        (七子)0
実ざくろや荷造り終えて判を押す      (竜)11
わたし今、石榴のように叫びたい    (ゼルダ)4
新鉢は割るべし石榴食べるべし      (温爺)0
西の窓石榴は風の意のままに       (風歌)1
石榴落つ処刑はいつも午後の二時    (タケシ)9

■兼題=ジャズ
ジャズ喫茶主(あるじ)は万年映画助手  (七子)1
ジャズに乗せマル経学者某送る      (五七)3
秋深し愛し合うならジャズがいい     (温爺)9
五線譜を蹴って飛び立てジャズの楽(がく)(タケシ)0
秋深し煙草もジャズもやめました      (竜)3
技つかひ本気で遊ぶジャズセッション  (ネリリ)0
ジャズ流すうどん屋を出ていわし雲    (獺)4
低音が闇を転がす宵のジャズ      (ゼルダ)1
紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅         (三間)0
永遠を一瞬に込めジャズギター      (初好)4
失恋の跡形もなしジャズの店       (風歌)7
シャンソンをジャズで聴きたし秋の夜 (クレピー)6

■席題=椋鳥
椋鳥を殺した鳩が低く啼く        (獺)4
群れなして何も目指すな椋鳥よ     (ゼルダ)7
椋鳥や左にぐわー右にざあー      (温爺)20
椋鳥やものを書くとき髪は邪魔     (タケシ)2
椋鳥に驚き顔のカカシかな        (七子)10
椋鳥がまた匿名で騒ぎ出す         (竜)8
椋鳥のだいだいの足闇に消え       (初好)1
椋鳥(むく)宿る下を国勢調査員     (五七)14
椋鳥や五つの口を持つ女         (風歌)16
椋鳥や燥(はしゃ)ぎて恋を語りけり   (三間)3
むくどりの大合唱に秋しみじみ    (クレピー)0
椋鳴く下子ら駆け回り大合唱      (ネリリ)0

■席題=しみじみ(句の中に秋の字を使わず他の季語で句を作る)
しみじみと背中で語る夜長かな      (三間)2
放課後の音の哀しきしみじみと     (ゼルダ)1
満月やしみじみ今日も生きている     (温爺)9
しみじみと減る残高や鰯雲        (五七)2
しみじみと右傾化したる里案山子    (タケシ)16
銀杏やパンツしみじみ洗う夜        (竜)1
神無月売上げノルマしみじみと     (獺)1
しみじみといなごの足をかじりとる    (七子)1
しみじみの数いつもより生まれ月     (初好)18
風を身に揺れてしみじみ草の花     (ネリリ)6
しみじみや雨降っている旅にでる     (風歌)11

a0072359_1523655.jpg

見よ、この得意げな表情!
■今回のトピックス
■おめでとう、竜さん! 号外でもお知らせしましたが、竜さんが「ぬまづ文芸」川柳部門の大賞〈芸術祭賞〉を受賞されましたので、みんなでお祝いしました。ぬまづ文芸の来年度の応募は6月10日から7月31日まで。皆さんも、ぜひどうぞ。
■五七さん「まる田・古酒」、七子さん「あさ開純米吟醸生原酒」、竜さん「初亀」、ネリリさん「常きげん山廃仕込純米酒」、タケシ「ポテトチップスとかきの種」、皆様ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2010-10-25 15:24 | 句会 | Comments(66)
Commented by 五七 at 2010-10-25 15:31 x
皆さま、土曜日はお疲れさまでした。秀句ぞろいで選句にはとても苦労しました。その挙句、天に選んでしまったのが温爺さんの「左ににぐわー」という書き間違え句。「にぐわー」の語感に惹かれたというのに…。でも、総合天おめでとうございます。

タケシさん、いつもいつも会報の作成ありがとうございます。

参加された方も、できなかった方も、コメントを残して行ってください。
Commented by ネリリ at 2010-10-25 22:45 x
皆さま、土曜日は初参加させていただきましてありがとうございました。
私にとっての句会というものに対するイメージ(地味・静か・穏やか)が、思い切りくつがえされる場(楽しい・にぎやか・エキサイティング)でありました。五七句会だから、でしょうか・・・?!

恥ずかしながら不勉強なまま句会に臨んでしまいましたが、皆さま方の秀句の数々を目の当たりにして、大いに触発された思いです。

今回ご紹介くださった五七さま、ご一緒させていただいた参加者の皆さま、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by タケシ at 2010-10-26 07:44 x
五七さま、さっそくアップありがとうございます。
そして、総合「人」賞おめでとうございます。
「ルミちゃんのことはしゃあない柘榴どや」の軽やかさ、滑稽さ、
「椋鳥宿る下を国勢調査員」のシャープさ、
「しみじみと減る残高や鰯雲」の哀愁……、
まさに五七さんに魅了されっぱなしの句会でした。
Commented by タケシ at 2010-10-26 07:52 x
ネリリさま、句会お疲れ様でした!
美味しいお酒もありがとうございました。
それにして、本当に初句会ですか?
「いびつでもそれぞれ光る割れ柘榴」の確かな写生、
「風を身に揺れてしみじみ草の花」の無理のない造詣、脱帽です。
次回も、ネリリな句で、キルル・ハララとさせてくださいね!
Commented by ネリリ at 2010-10-26 11:10 x
タケシさま、そうなんです!ネリリ・キルル・ハララです。
私の拙い句にお褒めの言葉をいただき恐れ入りますが、
「石榴落つ処刑はいつも午後の二時」のような鋭い句にこそ、
キルル・ハララさせられます。
私も次回はもっともっと頭をひネリリ句をネリリしたいと思います。
Commented by タケシ at 2010-10-26 12:15 x
ネリリさま、ありがとうございます。
褒めていただき、とてもうれしいです。
きのうも親しい句友と話し合ったのですが、
初好さんの「しみじみの数いつもより生まれ月 」の
しみじみとした素直さが捨てがたいなと。
ですから、ぜひ、私のようにヒネリ過ぎず、
素直さも忘れないでくださいね。
Commented by ゼルダ at 2010-10-26 12:45 x
わたし、初好さんの「しみじみの数いつもより生まれ月」を見落としてました。五七さんが「これはいい句だねぇ~」と言われて、あとから、本当にしみじみと心に効いてきました。

タケシさん、五七さん、温爺さん、いつも楽しい句会の運営をありがとうございます。
Commented by タケシ at 2010-10-26 13:11 x
ゼルダ様、ありがとうございます。
会の運営なんて、とんでもないです。
次回はあまり呑まずに、キッチリ清書したいと反省しきりです。ハイ!

ゼルダさんといえば「わたし今、石榴のように叫びたい」は
もちろん大好きなのですが、
「群れなして何も目指すな椋鳥よ」の切り口がとにかく斬新!
これを採れなかったことが、
今回の句会の反省点のひとつとなっていますよ。
次回もまた、俳諧を超えた「ゼルダの575」を楽しみにしています。
Commented by 温爺 at 2010-10-26 13:58 x
五七さん、七子さん、クレピーさん、お三方から短冊をいただかなければ、こんな笑顔はできませんでした。
自分が出した兼題「しみじみ」に良い作品が多かったので一安心しています。
しみじみの数いつもより生まれ月 (初好)
この句今読んでも、誕生日月の何とも言えぬ感じが伝わってきます。
ところで、椅子席の感想はいかがですか?
Commented by タケシ at 2010-10-26 14:36 x
温爺さま、ありがとうございます。
総合「天」賞、本当におめでとうございます。パチパチ!
「椋鳥」の冷徹なまでの写生眼(耳?)はもちろんなのですが、
「秋深し愛し合うならジャズがいい」が個人的には好きでした。
このなんともウエットな質感。新境地ですね。

それと椅子席ですが、離れ小島で、やや淋しかったです。
ただ、同じテーブルの三間先生は、
椅子の方がお楽だったようですよ。
Commented by 五七 at 2010-10-26 19:44 x
ネリリさん、初句会を愉しんでいただけたようで、ホッとしています。「風を身に揺れてしみじみ草の花」なんて何年も句を作っている人みたいで驚きました。続ければ続けるほど面白くなってきますので、今後も出席してくださいね。
Commented by at 2010-10-26 19:48 x
皆さん、土曜日はお疲れ様でした!
今回も楽しかったですね~。

今読み返すと、これを取り忘れてました!

★柘榴噛む我が唇血がしたたる(七子さん)

5・6・6の破調がむしろ効果的だと思いました。
山頭火のような迫力を感じます。


そうそう、「ぬまづ文芸」賞について、
皆様お祝いのお言葉をありがとうございます!
風歌さん、ビンテージな日本酒をありがとうございます!
大事に大事に味わって呑んでおります……。
Commented by 五七 at 2010-10-26 19:50 x
今回のタケシ句では、
「石榴落つ処刑はいつも午後の二時」
「椋鳥やものを書くとき髪は邪魔」
を採らせてもらいました。
柘榴の句のエキゾチックな匂い(私には中東の感じがします)と椋鳥の純和風。ともに強い引力を感じる句でした。
Commented by 五七 at 2010-10-26 19:55 x
ゼルダさん、「左にぐわー」をゼルダさんだと勘違いして、変な質問をしてしまい失礼しました!
「わたし今、石榴のように叫びたい」
柘榴のように叫ぶ…、なんか分かる気がします。いっぱい溜まっている感じでしょうか。だとしたら、私も今柘榴のように叫びたいです。    
Commented by タケシ at 2010-10-26 20:01 x
五七様、その通りですね。
ネリリさんの「草の花」の句は、江戸時代中期の俳諧の匂いがしますよ。
次回が更に楽しみですね。
Commented by 五七 at 2010-10-26 20:03 x
竜さんの「実ざくろや荷造り終えて判を押す」。
哀愁があふれまくっています!
第四回の竜さんの「夕桜まだ解ききれぬ段ボール」と並べると悲しいドラマが浮かび上がるようです。
3年の月日を経て2人は別々の人生を歩むのですね。
      
Commented by タケシ at 2010-10-26 20:07 x
竜さん、ありがとうございます。
そして、あらためて「ぬまづ文芸」大賞、おめでとうございます!
「実ざくろや荷造り終えて判を押す」は、まさに俳句ですねえ。
映像が見えてくる。余韻がある。大好きな一句でした。
Commented by タケシ at 2010-10-26 20:12 x
五七様、ありがとうございます。
相変わらず、あざとい句で恥ずかしいかぎりです。
でも、三時だとちょっと遅いかなあと、二時にさせていただきました。
そのくらいの良心はありのです。
次回は、客観写生で詠みたいな。無理かな(笑)
Commented by at 2010-10-26 20:18 x
五七さん、タケシさん、お褒めいただき恐縮です!
タケシさんから短冊をいただき嬉しいです~。
五七さん、こらこら2つの句を並べない並べない(笑)。
Commented by 温爺 at 2010-10-27 21:05 x
紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅 

すごく色彩的で変わった句でした。
二色しか言ってないのに昔の映画の総天然色って感じですよね。
僕などが作ると字余りになりそうなのにさすが殿堂。
その場では採れなくてすみません。
Commented by タケシ at 2010-10-28 05:27 x
三間先生の「紅葉や」は温爺のおっしゃるとおり、本当に印象的でした。
しかも「ジャズ」からの発想。
色彩なのか、音なのか?
川柳的?俳句的?
三間先生にじきじきにご解説いただきたいなあ。
Commented by ゼルダ at 2010-10-28 12:17 x
竜さんの「実ざくろや荷造り終えて判を押す」。これも秀逸ですね~。すばらしい。
わたしは俳句を考えるとき、ここ最近は五七さんの「妹よ なぜ海にきてバタフライ」これを超える句をひねりだそうと思っています。

温爺さま、今回は本当におめでとうございます。写真いいですね。
Commented by タケシ at 2010-10-28 12:44 x
ゼルダさん、「妹よ なぜ海にきて バタフライ」、五七さんの句、
いいですね~。
なんて思っていたら、テレビに五七さんが!
「今年の冬はギョーザ鍋」ということですよ。
Commented by ネリリ at 2010-10-28 14:57 x
遅ればせながら・・・
五七さん、タケシさん、句を褒めていただきありがとうございます。
なぜかあまりしつこく悩まずにできた句だったのですが、タケシさんにアドバイスいただいたように、ヒネリ過ぎないことの大切さが少しわかったような気もしています。江戸時代中期の俳諧は全くわかりませんが、この句はなんと温爺さまに人をいただいたことでもあり、とても嬉しいです。

それはそうと、五七さんのテレビ、見たかったです。
ギョーザ鍋ですかあ・・・(しみじみ)。
Commented by タケシ at 2010-10-28 15:12 x
ネリリさま、ありがとうございます。
五七さんはこれからもテレビに出られると思いますよ。
今日はまさに、餃子鍋日和ですよね。

それから温爺さんは、句作りもベテランで上手ですが、
何より読み巧者なんですよ。
その温爺さんに「人」をもらうなんて、自信になりますね!
Commented by ネリリ at 2010-10-28 15:39 x
タケシさんは句もお上手ですが褒め上手ですね!(笑) 
ありがとうございます。
私も褒められて育ってみたいです(笑)。
風花さまの「椋鳥や五つの口を持つ女」、あまりに素敵でかっこいい!
憧れます。
Commented by 五七 at 2010-10-28 16:20 x
どうも、風邪気味の五七です。
句会の(特に席題の)句は、写生が難しいですから、どうしても作り物になりますよね。タケシさんの作り加減が五七のスイートスポットなんですよ。だから「あざとい」とは思いません。これからもみんなを気持ちよく騙してください。

三間先生の「紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅」は、横書きにするとなお一層音符のように見えてきます。ジャズの題からパッと浮かんだ 
のか緻密な計算から生まれたのか…。後者のような気がしてきました。
Commented by 五七 at 2010-10-28 16:34 x
ゼルダさん「妹よなぜ海にきてバタフライ」なんて出さなかった句をよく覚えていてくださり、感激です。でも、これで伊藤園には出せませんね。

雑誌の宣伝になるかと思い、テレビからの取材依頼はなるべく受けるようにしていますが、自分では恥ずかしくていまだに馬鹿面を晒している場面を観たことがありませんし、知り合いにも知られたくなかったのですが、タケシさんに観られてしまうとは…。

ネリリさん、ラジオなら恥ずかしくないので、よろしければそちらをお聴きください。明日、TBSラジオのdigという深夜番組で「外食産業の現状とこれから」を話すことになっています。10時40分以降の出演予定です。
Commented by タケシ at 2010-10-28 16:42 x
ネリリさん、褒め上手なんてとんでもない!
初めての句会(ですよね?)で、これだけ詠めたら十二分だと思いますよ。
幸いなことに五七句会は、1回目からブログで読むことが出来ます。
時間がある時にぜひご覧ください。
楽しく勉強できると思いますよ。
Commented by タケシ at 2010-10-28 16:51 x
五七さん、ありがとうございます。
明日はラジオなのですね。がんばってください。
TBSのお昼のテレビはけっこう見ているのですが、
ときどき日経レストランの編集長さんが出演されますよね。
これでますます目が離せなくなってきました(笑)。

話は三間先生の「紅葉」ですが、あの場で聞いておくべきでしたねえ(こんど聞いておきます)。
だめだな、酔っぱらいは(苦笑)。
川柳の場合、お題を詠み込まない場合もあるのです。
というか、詠み込まない方が巧みというか……。
ですから、先生としてはそこをネラったのかも。
どちらにしても、緻密に計算されていると思いますよ。
Commented by ネリリ at 2010-10-28 23:10 x
五七さん、情報ありがとうございます。明日の放送を楽しみにしています。

タケシさん、おっしゃる通り句会の1回目からを読んで楽しく勉強させてもらっています。以前五七さんにおしえてもらって読んだことはあったのですが、今思うととても表面的な読み方でした。でも今回同席させていただいた方々はお名前とお顔とキャラ?を知ることができたので、皆さんの過去の句にも勝手に親しみを持って(笑)読ませていただいています。
今回の分も、現場では不慣れさや酔いもあってしっかり読めていなかった句が多かったのですが、こうして記録を残していただくと、何度でも皆さんの句を味わったり、会の楽しさを振り返ったりできていいですね。自分の句は反省しきりで飛ばし読みですが(笑)。
Commented by at 2010-10-29 00:05 x
ゼルダさん、お褒めいただき感謝です!
ゼルダさんの句も、「群れなして何も目指すな椋鳥よ」
なんて今読むと最高なんですが、なぜかあの場では
取らなくて不思議です。すいませんねえ……。

五七さんテレビご出演、すごいですね~。
YouTubeにあったりはしないかな?(検索したら、なかったです。ガッカリ。)
Commented by タケシ at 2010-10-29 03:20 x
ネリリさま、ありがとうございます。
2度3度句会に参加されると、どんどん場に慣れて、
句も読める(詠める)ようになってきますよ。
まあ、おたがい、飲みすぎには注意しましょう(って俺だけか?)
Commented by タケシ at 2010-10-29 03:26 x
竜さん、ゼルダさんの「何も目指すな椋鳥よ」、ほんと良いよねえ。
句会中はどうしても「飛び道具」をより持っている句に目が行ってしまいますねえ。反省、反省……。

きのうのお昼は、ちょうどここにカキコミしていたら、テレビから聞きなれた五七さんの魅惑の低音!
ほんとびっくりしましたよ(笑)
Commented by タケシ at 2010-10-30 13:33 x
五七さ~ん、Dig、聴きましたよ~。
出演者も褒めてましたが、改めて美声でしたね。
聞き惚れましたよ。
ただ、フーターズガールとの絡みがなかったのが残念。
しかし、入店までに3時間並ぶって、すごいですね。
Commented by 三間 at 2010-10-30 23:25 x
アララ、もの凄い盛り上がりですね。
まだ異種格闘技に困惑しているわたしですが、
風歌さんの「椋鳥や五つの口を持つ女」には恐れ入りました。予習ではどうにもならない機転の良さに脱帽です。

「紅葉」ですが、ジャズのソロあり掛け合いありを表現したつもりでした。温爺さん、五七さん、タケシさん、話題にしていただきありがとうございました。
Commented by タケシ at 2010-10-31 03:28 x
三間先生ありがとうございます。
なるほど、ソロあり掛け合いあり、ですか。
凝った作品だなあ!
どなたかが「最後に♪があれば」なんて言われていましたよ。
なにはともあれ、次回もよろしくお願い致します。
Commented by 五七 at 2010-10-31 13:27 x
三間先生、いらしゃいませ。
なるほどソロと掛け合いか、モダンジャズな感じですね。

ラジオの収録は初めてだったのですが、スタジオは生とは思えないリラックスした雰囲気で、あまり緊張せずに臨めました。フーターズガールとの絡みはありませんでしたが、控室でじっくりと鑑賞できました。

それにしても、五つの口を持つ風歌さんがなかなかやってきませんねー。おーい風歌さーん!
Commented by 温爺 at 2010-10-31 13:36 x
iTunesでラジオが聴けます。
TBSのdigのページからポッドキャストに登録すればいつでも聴けますよ。
五七さんラジオ向きなのかな?
Commented by タケシ at 2010-10-31 14:00 x
五七さん、お疲れ様です。
途中、戸山アナをいじる場面がありましたが、
アレが良かったですね~。
ちなみに、タクシー券はでるの?
Commented by タケシ at 2010-10-31 14:05 x
温爺、ありがとうございます。
五七さんの低音はモロ、ラジオ向き。
今話題の「戦場カメラマン」だって、
あの声からこの人気だもんね。
五七さんにもどこかのプロデューサーから引きがあるかも。
Commented by ネリリ at 2010-10-31 14:34 x
五七さん、ラジオ聴きました。
その前のコーナーが私には全くつまらない内容で(アレに興味を持つのは男性のみ?)、いい加減シビレを切らして待っていたのですが、"魅惑の低音"で五七さんが登場するや番組も引き締まり、話が急に面白くなりました。時間も思ったより長かったので、TBSラジオを褒めてあげたい(笑)。
人口や経済の流れと外食産業の変遷のリンク、企業努力などあらためて知ることができてとても興味深かったです。○十年前のファミレスが流行りだした頃、ピカピカのお店でワクワクしながらハンバーグ?を待ってる五七少年の姿が思い浮かんだりもして(笑)。
Commented by タケシ at 2010-10-31 14:53 x
ネリリさま、ありがとうございます。
ほんと、僕らが子供の頃はファミレス全盛だったですねえ。
たまに行くすかいらーくのハンバーグが楽しみだったなあ。
あの頃の熱気は今は回転寿司ですね。
ものすごい待ち時間ですよ。
それにしても五七さんの低音は説得力があるなあ~。
Commented by タケシ at 2010-11-01 07:55 x
話は変わりますが、
五七さんはじめ、温爺や風歌さん、
私の俳句仲間(とお呼びするのは恐れ多いのですが)の
コピーライター、多比羅孝先生先生が「言葉遊びブログ」を
連載されています。
興味のある方はぜひご覧&ご参加ください。
(バックナンバーには、五七句会参加者のお名前もチラホラと……)
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:08 x
みなさま 
すみません。句会ブログを留守にしてしまいました。
風歌、このところ珍しく仕事をしておりました。

いや~
今回の句会、素晴らしかった!!ありがとうございました。
そして「満月」もいいじゃないですか~♪
あまり時を置かず、次回もやりましょうね。
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:14 x
五七さま
いつもながら、ブログUPありがとうございました。
しゃあないルミちゃん・・・これからもよろしくお願いしますね(*^_^*)
それにしても・・・
「満月」で、既に開いてる一升瓶の蓋を何度も開けようとする五七さんって・・・
編集長だぞ!!どや!
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:17 x
タケシさま
なんという写真でしょう
3人とも、壊れかけてるじゃありませんか(苦笑)
Commented by タケシ at 2010-11-02 11:22 x
風歌さま、ありがとうございます。
そして、総合「地」賞おめでとうございます。
「椋鳥や五つの口を持つ女」は、
まさに第14回五七句会を代表する一句でしたね。
こういうオリジナリティあふれる新鮮な句との遭遇が
句会の楽しさの一つでもあります。
「しみじみや雨ふっている旅にでる」も好きな世界だなあ。
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:29 x
竜さま
ぬまづ文芸大賞、おめでとうございました。
竜さんのご指南のもと、エッチ句じゃなくてエッチな感じの句・・・
作ってみました(苦笑)
お酒も、お口に合いましたか。よかった。
また、短冊くださいね。ふっふっふ・・・
Commented by タケシ at 2010-11-02 11:35 x
風歌さま、写真、申し訳ありません。
でも、壊れているのは、一人だけでは???
温爺のイッちゃっている目……。
東北の裸祭のポスターの男性の目が、
たしかこんなんだったなあ。
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:39 x
温爺、温爺・・・応答せよ!
「天」おめでとうございます。
やはり、しみじみ生きていらっしゃる温爺には、かないませんでした。
Commented by タケシ at 2010-11-02 11:45 x
温爺の「しみじみ」、竜さんの「椋鳥」どちらも素晴らしいお題でしたね。
次回は風歌さんのお題でつくってみたいなあ。
ねえ、五七さん、どうですか?
風歌はん、どや?
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:48 x
三間先生
なんという嬉しいお褒めの言葉でしょう。
風歌48は、褒められて伸びるタイプ(*^_^*)感激です。
…紅紅黄黄黄紅黄紅 は、ブルーノート♪でしょうか。
とても新鮮でした。
Commented by 風歌 at 2010-11-02 11:50 x
タケシさま
そやな~
ほな、やろか↗↗
Commented by タケシ at 2010-11-02 11:55 x
風歌さん、ぜひぜひ!
ご検討ください。

しかし、
双葉山の66連勝とともに、
もう破られることはない、と誰もが思っていた↓の
「風歌さん、土偶発掘リポート」のコメント数54が今破られます。
風歌さん、ごめん。
Commented by 風歌 at 2010-11-02 12:08 x
ふ~むぅ(-"-)
風歌48、うっかりしておりました。
・・・しかし、
白鵬と共に69連勝めざして、なんか発掘リポートやりま~す(^O^)/
Commented by タケシ at 2010-11-02 12:21 x
うっかり……双葉は69連勝だったのですね。
さすが風歌さん、物知りだなあ。

新しい発掘リポートもたのしみ!
Commented by 五七 at 2010-11-03 16:08 x
風歌さん、お待ちしてましたがな。
ぎょうさんコメントしてくれて、ありがとう。
五七もここんこと仕事が忙しゅうて、コメントできませんでした。
堪忍やで。
Commented by 五七 at 2010-11-03 16:12 x
タケシさん、ネリリさん、金曜日のラジオを聴いていただきありがとうございます。
テレビの方は、これを言ってくださいと、かなりセリフを“強制”されるんですが、ラジオはそういうのは何もナシで、リラックスして話せました。
もちろん、帰りはタクシーをご用意くださいました。
本当は、一杯やってクールダウンしてから帰りたかったのですが、タクシーを待たせて飲むわけにもいかず、そこがやや残念でした。
Commented by 五七 at 2010-11-03 16:16 x
では風歌さんに次回の出題をお願いします。
次はちょっと違う趣向を入れたいと思っていますが、それはまた、みなさんと相談いたします。
そうそうゼルダさんの悲願「シクラメン」も題にしないとね。
Commented by 風歌 at 2010-11-05 12:18 x
わかりました!
それでは、「シクラメン句会」を企画いたしましょう!

あ~~~(T_T) それにしても風歌は、
五七さんのラジオもTVも逃してしまいました。
次回は、前もって教えてくださいね。
Commented by 温爺 at 2010-11-08 12:26 x
6日の土曜日に大変なことが発覚しました。
句会の日、一次会の志満金さん、二次会の満月さんで自分ではお開きになったとその日まで確信していました。
ところが、ある人から三次会であなたに凄い事言われましたよ。と。
三次会はどこかのBarへ行ったらしいのですが、まったく記憶にありません。
聞くところによるとウィスキーをトワイスアップでとキザに注文したそうです。
記憶は無くすわ。初対面の人の変なことを言いわ。
酒飲みとしてやっちゃいけないことばかり…
反省してます。
ただ救いは、その方が笑っておっしゃっていただいたことです。
感謝。これからもよろしくお願いいたします。
温爺、反省の弁。以後気をつけます。
Commented by タケシ at 2010-11-08 12:58 x
温爺、ドンマイ!
……って、俺が言うことないか(笑)。
でも、お相手が、笑っておっしゃってくださってよかったですね。
私も温爺に負けず劣らす皆様にご迷惑をおかけしました。
ここにお詫び申し上げると同時に、
次回は飲みすぎに注意しましょうね、温爺!
Commented by 五七 at 2010-11-08 18:58 x
確かに三次会に行きましたが、温爺はそんなに凄いことを言ってたかな?
私もまるで覚えておりません。
もしかしたら、私も暴言を吐いていたのか???
うーん、酒は怖いですね。
Commented by タケシ at 2010-11-08 19:24 x
私の記憶、そして皆様からの情報からして五七さんは何もないですよ。
というより逆に、五七さんの暴言を聞いてみたいなあ(笑)。
Commented by 温爺 at 2010-11-08 22:59 x
と、いうか、五七さんは二次会ですでに壊れていたみたいですよ。(風歌談)
お互いにお酒は気をつけましょう。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧