句会


句会連絡
by go-shichi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:未分類( 5 )

会報Vol.29

五七句会会報通巻28号/2016年/12月発行
日時=平成27年12月26日/場所=NATULUCK赤坂
幹事=五七
出席者=孝多、矢太、タケシ、風歌、三三、家鴨、ミツキング、かわうそ、ねりり、西音寺、あちゃ、華松、五七

白組:95点(補正+14点)
紅組:101点
a0072359_1756131.jpg


1人少ない白組が14点のハンデを持ち、スタート。中盤で紅組が追いつき、その後は白熱の大接戦。最後の最後に紅組が突き放し、昨年の雪辱を果たしました。紅組おめでとう!

天:風歌&矢太(22点)
地:ネリリ(21点)
人:かわうそ(18点)

秋の句会に続いて柳家三三師匠が参加してくださいました。

■冬夕焼(兼題)
去り際の冬夕焼に囚わるる     ねりり(6)
帰る子ら足早なこと冬茜      三三(1)
冬夕焼鳥居黒々地から生え     かわうそ(6)
冬茜二人ぼっちの二人かな     孝多(2)
寒茜この静寂の大音声       五七(10)
地下鉄を昇れば四角い冬茜     矢太(7)
冬夕焼け整然として車椅子     風歌(9)
校庭に揺れるスコート冬茜     西音寺
冬茜朝の茶殻に湯をさして     ミツキング(4)
馬鹿だよね何度もつぶやく冬茜   家鴨(5)
冬茜発火したかや五十路恋     華松(5)
星飛雄馬花形満寒茜        タケシ(9)
冬茜それでもママはエースキラー  あちゃ(3)

■膝掛(兼題)
膝掛を手足はみだし眠る吾子    華松
膝掛を所望されるか阿弥陀仏    かわうそ(9)
膝掛や小さな嘘をかくしつつ    矢太(8)
膝掛けの大きさにちと不満あり   三三(3)
膝掛けをめぐれば猫や仮眠室    タケシ
膝掛やおからだ大事にまた来ます  孝多(3)
膝掛の加齢臭さえ愛おしく     家鴨(1)
膝掛の脚組み替へてクララ女史   五七(2)
膝掛のすそふれるのにドキドキし  あちゃ(2)
膝掛や返さずにおく句集あり    ねりり(9)
膝掛けの控えめに生く心地して   風歌(4)
老猫をひざかけにして刻ながむ   ミツキング
ひざ掛けとしてコート脱ぐ決まり事 西音寺(1)

■兎(席題)
盃のうさぎが出たり入ったり    西音園(3)
このうさぎ愛でるか食べるか思案中 家鴨
リフトから兎の近さもどかしさ   三三(4)
兎肉食む口元のほくろかな     ねりり(6)
選挙ごと校庭隅のうさぎなで    あちゃ(3)
一周忌形見のうさぎ丸々と     かわうそ(3)
雪赤く染めて身重の兎逝く     矢太(2)
これからもずっとずっとと白兎   風歌(3)
とらわれの身を寄せ合うや兎二羽  孝多(6)
ラビットファー纏う女に騙されて  ミツキング(1)
診療所出で兎狩るナースの眼    五七(2)
馬糞紙の函を覗けば兎の瞳     タケシ(4)
ふかふかと夢と月とに住む兎    華松(6)

■ボーナス(席題)
食洗器ルンバ加湿器ボーナスで   あちゃ(1)
ボーナスで山と買ひたるジャン=ポール・エヴァン ねりり
腰痛も治ったようなボーナス日   かわうそ
ボーナスにぴんとくる人こない人  三三(1)
ボーナスや影踏み帰る自虐かな   孝多(2)
ボーナスと帳尻合わぬ胸積り    華松(2)
ボーナスやタワー今宵より橙    風歌(6)
壁に笑むアグネス・ラムやボーナス日 タケシ(3)
賞与日や戦艦武蔵沈みしまま    五七(2)
ボーナスか猫の咥えているものも  矢太(5)
ボーナスを握りしめ行く仏壇通り  家鴨(5)
家庭内ボーナス制度発足式     西音寺(1)
ボーナスは栃木産だと教えられ   ミツキング(2)


最後までハラハラドキドキのいい戦いでした。
町田での落語会の後に駆けつけてくれた三三師匠のおかげで人数的にも拮抗。俳句会の風雅さなど薬にしたくもない点取り合戦の俗っぽさが、この句会らしさかもしれません。
二次会のジンギスカンには全員参加となり、大いに盛り上がりました。
2017年が皆様にとってよい年となりますように。そして、一同元気に健吟いたしましょう。
a0072359_1756399.jpg

[PR]
by go-shichi | 2016-12-25 22:35 | Comments(5)

号外・竜さんが快挙!、「ぬまづ文芸」大賞(川柳部門)を受賞

竜さんが、「ぬまづ文芸」という全国版文芸コンクールで大賞を受賞されました。

コピーライターの仲畑貴志さんが選者をつとめる「ぬまづ文芸」の
川柳部門の大賞(芸術祭賞)の発表が8日にあり、
おなじみ杉山竜さんが受賞されたとの一報がありました。
11月21日の受賞式が今から楽しみです。
竜さん、おめでとうございます!
23日の五七句回でもお祝いいたしましょう。

ちなみに「ぬまづ文芸」は、静岡県沼津市で、
毎年秋に行われる「沼津市芸術祭」の文芸部門。
俳句・短歌・川柳などについて、
全国からの応募を募り、それらの作品を全国的に有名な選者によって選を行う、
30年以上の伝統がある公募です。

http://www.b-numazu.jp/bungei.htm
[PR]
by go-shichi | 2010-10-10 14:38 | Comments(8)

会報Vol.13

五七句会会報通巻13号/2010年/4月発行
日時=平成22年4月10日/場所=神楽坂 志満金
幹事=温爺(ひろば改め)、五七
出席者=温爺、タケシ、三間、桃太郎、七子、クレピー、
獺、まこと、あちゃ、のぞみ、ゼルダ、五七、風歌、
謳夏、竜、初好、魔裟偉
天=魔裟偉(57点)
地=温爺(45点)
人=タケシ(41点)
4位竜、5位五七、6位ゼルダ、7位獺、8位風歌
花=タケシ(3輪)
■兼題=たんぽぽ
たんぽぽのわたついてゆく雲のあと   (タケシ)5
たんぽぽや日曜日にはオムライス     (風歌)7
一人立ちフワリと風のるタンポポのワタ(クレピー)0
たんぽぽを探せぬ都会で春惜しむ     (初好)0
咲け咲けぬたんぽぽの群れ夜明け前   (桃太郎)0
たんぽぽの仰ぎ見ている初キッス      (竜)16
踏まれても折れぬわが社のタンポポよ   (謳夏)1
たんぽぽや待ちて大空舞い上がる    (のぞみ)0
陽の光あびて輝くたんぽぽの頭花(はな)(まこと)0
たんぽぽのライオンヘアーちぎりおり  (あちゃ)0
たんぽぽや不美人として生を享く    (魔裟偉)24
たんぽぽと少年の声、陽に溶けて    (ゼルダ)10
出迎へのたんぽぽゆれる左遷の地     (五七)19
たんぽぽの絮の加わる二重跳び      (温爺)24
玉手箱あけてタンポポくるりんぱ     (三間)1
ふわふわとたんぽぽ兄弟旅立ちぬ     (七子)8
たんぽぽを一輪生かす土ありき       (獺)8

■兼題=左手
蝶ひらり左手よりも狡く生き      (タケシ)7
左手ばかり持たされて米の飯      (桃太郎)8
春暑しゆゆしきものを左手に       (五七)2
左手に光る何かが胸を刺す       (のぞみ)1
頑なな左手溶けし春の水         (温爺)7
左手の箸は持てねど茶碗は持てる   (クレピー)0
左手に右手がつなぐ朧月          (獺)14
左手であの子の右手にぎりしめ     (まこと)1
左手の生命線が延びる春          (竜)10
左手は桃源郷にて御座候         (三間)1
嘘つきなくせに清潔な左手       (ゼルダ)9
来し方を語る左手プロゴルファー     (初好)2
イケメンの左手リング盗み見る      (七子)3
左手に桜右にはスカイツリー      (あちゃ)1
時計見る君のキミの左手甲が好き     (謳夏)3
左手の影絵で暮れる春の壁        (風歌)7
左手首の傷疼くなり始業式       (魔裟偉)18

■席題=たちあがれ
たちあがれ!そんな我が子も一人立ち  (のぞみ)1
たちあがれ大なり小なり葱坊主      (風歌)4
立ち上がればいいってもんじゃないんだよ (五七)2
たちあがれホモサピエンスさくら貝    (温爺)14
春の朝負けるなクレピーたちあがれ  (クレピー)7
猫の恋草食男子よたちあがれ       (謳夏)3
立ち上がれジャック・バウアー同い年    (獺)0
太刀魚よ春陽を受けて立ちあがれ     (七子)0
たちあがれ天上天下甘茶仏       (あちゃ)8
立ち枯れにならなきゃいいねたちがれ日本(まこと)5
立ち上がる裾にまつわる桜かな      (三間)3
自滅した起上り小法師たちあがれ    (桃太郎)0
立ちあがれ最後のカルビ私のだっ    (ゼルダ)6
タチアガレ!自治会長はペルー人    (タケシ)13
猫の恋たちあがれにゃあたちあにゃあ    (竜)0
立ち上がれ気をつけ礼して一年生     (初好)1
春泥や自公民みんなたちあがれ     (魔裟偉)1

■席題=春眠
雪柳揺らめき春眠誘う膝         (初好)0
春眠を破りてさくら狂いけり       (七子)7
春眠の寝息ウフフフ甘酸っぱ~い    (ゼルダ)1
春眠をつないで逃れる今日自分       (獺)1
春眠の中いつまでもいつまでも       (竜)5
許されて春眠男ももの上        (桃太郎)8
春眠やいつの間にやら子が生まれ     (三間)1
春眠の子のすやすやと吾が腕(かいな)  (温爺)0
春眠に終点覚えず今いずこ        (謳夏)0
春眠と自分にいいわけ二度寝する    (まこと)1
春眠や小便くさき両毛線        (タケシ)16
春眠と言っては眠る日の出あと     (のぞみ)0
春眠をさまたげおりぬ洗濯機      (あちゃ)0
春眠し震度3弱だと思ふ         (五七)6
春眠しポエムみたいな死亡記事      (風歌)3
新緑の目覚める生命力我は春眠    (クレピー)1
春眠や悲劇はテレビの中にだけ     (魔裟偉)14

お見事!2時間遅れても天の魔娑偉さん
a0072359_11164691.jpg

■今回のトピックス
■三間さんの万能川柳年間大賞、タケシさんの殿堂入りなど慶事が続いた五七会。春爛漫の神楽坂で第13回が開催されました。
■初参加の方が6人加わり、はじめて志満金3階の大広間に“昇格”した五七句会。5人の方は句会そのものがはじめてということもあり、とてもフレッシュな句が集まりました。そんな中、7時に登場された魔娑偉さんが、わずか数分で作句され、天をかっさらっていきました。見事。次回は魔娑偉さんに負けぬよう、みなさまもご精進ください。
■ゼルダさんこと「つるまきゆりこ」さんの詩の個展が神楽坂であります。●4月16日~21日●12時から20時(21日は17時まで)●会場はフラスコ(新宿区神楽坂6‐16。03・3260・9055)ぜひどうぞ!
■魔娑偉さんの「ガムテープでつくるバッグ」が4月29日から1カ月間、外苑前のワタリウム美術館1階のオンサンデーズに展示されます。こちらもぜひ!
■「週刊プレイボーイ」元編集長、島地勝彦さんと五七さんがアソシエオンライン上で連載してきた「乗り移り人生相談」が講談社から単行本になりました。タイトルは同じく『乗り移り人生相談』。こちらもよろしく(宣伝ゴメン)。
■五七さん「まる田・古酒」、謳夏さん「大吟醸・吉田蔵」、竜さん「薩摩焼酎・赤利右衛門」、温爺さん「古式柱焼酎仕上げ・都錦」、タケシさん「ドンペリ・ヴィンテージ2000」、ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2010-04-13 11:42 | Comments(40)

五七さま、ありがとうございます。

五七さま、さっそくのアップありがとうございます。
いや~、土曜日はたのしかったですねえ。
お酒もおいしかったし、席題「ミルクティー」が、
若々しい句会にふさわしくて特に良かった。
ああいう新季語もどんどん詠んでまいりましょう。
2次会(反省会)も全然反省してなくて最高でした!
同人の皆様もどんどん「五七ブログ」に書き込んでください。
第3回目を今から楽しみにしています。

                             タケシ
[PR]
by go-shichi | 2006-08-28 14:43 | Comments(5)

自主トレにどうぞ!

6月20日の毎日新聞万能川柳に、同人の竜さんが2席入選されました。
おめでとうございます。
575の自主トレにもなりますので、ぜひご覧くださいね。

万能川柳は、以下でご覧になれます。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/senryu/

タケシ
[PR]
by go-shichi | 2006-06-20 07:49 | Comments(3)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ありがとうございました~..
by かわうそ at 00:45
どうみても葬式群が際立っ..
by きんぎょく at 15:21
春の昼〜! こうして並..
by 香魚 at 15:15
五七さま、ブログアップ..
by 文鳥 at 14:55
五七さん、アップお世話お..
by bannousenryu at 12:26
いつもありがとうございま..
by みつきんぐ at 11:57
ミツキング、投句でも選句..
by 五七 at 14:34
ミツキング、おめでとう!..
by bannousenryu at 15:34
今年もお世話になりまして..
by ミツキング at 14:55
↑上のコメントは、タケシ..
by bannousenryu at 11:31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧