句会


句会連絡
by go-shichi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:句会( 11 )

会報Vol.24

日時=平成26年6月14日/場所=神楽坂 志満金
幹事=五七、風歌、タケシ
出席者=風歌、タケシ、あちゃ(+結)、文鳥、七子、
不実、ネリリ、合歓(礒﨑西施)、B茄子、五七、
桃太郎、矢多(岩永嘉弘)、蕪嵐、孝多、ミツキング、
温爺、波風、ゼルダ、香魚、白兎
(欠席して投句のみ)かわうそ
a0072359_17161775.jpg

俳句は三尺の童にさせよ、と言われたのは芭蕉翁でありました

天=ゼルダ(58点)
地=五七(31点)
人=タケシ(30点)
次=香魚(29点)
花=ゼルダ(5輪)
a0072359_17134553.jpg

壮観、ゼルダ百貨店!!(写真は、波風さん。波風さんいつもありがとーー!!)

得票率
1位…夏至の朝母の話の長いこと(5・75%)
ソーダ水あなたの話がたいくつで(5・5%)


父の日にパンチパーマのパパの夢       (3輪)
■兼題=夏至
午後晴れて今年は気づかされし夏至      (合歓)
夏至ゆうべ産休らしき若女将        (ネリリ)
ミキサーごと冷やすガスパチョ夏至間近    (五七)
夏至の宵コウモリたちはみな寝坊      (七子)
夏至夕べ猫はぼちぼち集会へ        (B茄子)
キッチンにケツァルコアトル夏至の日は  (かわうそ)
小魚を集めて満ちる夏至の海        (桃太郎)
夏至の日をおんな楽しく遊びけり       (温爺)
人を想うことに疲れて夏至の宵        (孝多)
夏至オーバー闇深まりけり一面記事      (白兎)
モヒートをもう一杯と夏至の腹        (波風)
夏至の日の体育座りの丸い影        (タケシ)
乾ききらぬブラの匂ひや夏至の朝       (香魚)
夏至間近くちなしの香を持ちあるく      (文鳥)
夏至の朝母の話の長いこと         (ゼルダ)
汝愛するか三度問われて夏至         (風歌)
キジ猫とあくびを競う夏至テラス    (ミツキング)
夏至の夜氷砂糖に梅はらむ         (あちゃ)
棒縞の小袖も濡れる夏至の午後        (不実)
夏至の朝男が椅子を燃やしている       (矢多)
金星がゆっくりできたと夏至の夕       (蕪嵐)


■兼題=大阪
二度づけはダメよと織姫去って行き      (波風)
グリコ前ナンパされたと母小夏        (蕪嵐)
春過ぎて語尾が「ねん」になる転校生    (桃太郎)
ぼちぼちも儲かりまへん銭葵        (タケシ)
駅着けばなにわことばや蝉時雨        (温爺)
汗のしみセカンドバッグにいつの間に     (合歓)
グリコを濡らし恋人を濡らして梅雨の街    (孝多)
「なんでなん」「なんや知らんわ」夏の月    (文鳥)
エキスポの廃墟にきらきら驟雨かな    (かわうそ)
上方の訛で果てるひともいた         (不実)
白靴はソースに汚れ新世界          (五七)
蝉しぐれ凛とそびえる大阪城        (B茄子)
タコ焼きよふうふうあーんしてお願い     (白兎)
だんじりの日行方知れずの兄帰る      (ゼルダ)
一元化してよ大阪梅田駅          (あちゃ)
夏蛙道頓堀に指輪捨て            (七子)
アパートの薄壁侵す阪神ファン     (ミツキング)
もうええわ別れたげるわ半夏生        (風歌)
梅雨寒やあかん泣いたらあかんのや      (矢多)
遠花火好きやったとかよういわん      (ネリリ)
人混みとカレーの匂ひ西梅田         (香魚)


a0072359_1717334.jpg

この時期ならでは!! 風歌さんの紫陽花の帯

■席題=炭酸飲料なんでも
瓶ビール無口な男と飲(や)ってます     (孝多)
むらさめのメロンソーダにレモン水     (あちゃ)
サヨナラを切り出す前のソーダ水       (風歌)
初デートまぜてばかりのソーダ水      (B茄子)
ソーダ水あなたの話がたいくつで      (ゼルダ)
東スポに「仰天!!」の文字ビール干す     (五七)
初恋よクリームソーダキスの味        (七子)
ドリンクバー炭酸混ぜてコップ替え      (波風)
今はまだモスクワ上空ソーダ水       (桃太郎)
缶入りのソーダをふって初デート       (香魚)
センター街サイダーひとつ飲むふたり    (ネリリ)
至福やね昼から泡をポンとあけ        (蕪嵐)
雲の名とラムネの気持が分からない      (矢多)
和洋中ひたすらずっと芋ソーダ        (白兎)
雲の峰朝っぱらからシュワワワワー   (ミツキング)
ハイボールのあのひとはだれサントリー    (不実)
ビー玉が欲しいとラムネねだる甥       (合歓)
唇の闇に消えゆくソーダ水          (温爺)
ソーダ水髪を切ったの死ぬかわり      (タケシ)
遠雷やクリームソーダが好きなんて      (文鳥)


■席題=父の日
父の日は今年も当日配送で          (波風)
父の日や価値ある男は静かなり        (孝多)
いなりずしのごまつぶほどの父の日に    (タケシ)
父の日やシャツに口紅ついてるよ       (風歌)
父の日に墓石と交わすワンカップ    (ミツキング)
父の日も忘れないでのショーウインドー    (白兎)
父の日と思う昔の探検記           (文鳥)
靴下に穴あき父の日は明日          (香魚)
父の日にパンチパーマのパパの夢      (ゼルダ)
アラフィフも娘は娘父の日ぞ         (合歓)
電話して心配される父の日も         (蕪嵐)
父の日や書斎の壁に娘の画(え)      (ネリリ)
湿度90%父と子の日            (不実)
父の日や亀になりそな父ひとり       (B茄子)
父の日やキライでごめんきのうまで      (矢多)
父の日よ娘三人今日も留守          (七子)
国民の祝日にして父の日も         (あちゃ)
父の日の指に自涜もあやとりも        (五七)
その耳毛抜いてあげよか父の日に      (桃太郎)
父の日やジャパンブルーを着せられる     (温爺)


■今回のトピックス
■W杯ブラジル大会、日本対コートジボワール戦の前日に行われました。
■こふみ会から大ベテランお三方が参加(孝多さん、矢多さん、不実さん)が参加。平成23年6月の第17回句会の21名以来の大人数での句会となりました。俳句のW杯(?)といったオモムキも……。
■句会の方は、まさにゼルダさんの独り舞台。総合天も花も獲得です。ゼルダさんは平成20年の初参加以来初の天、本当におめでとうございます!皆さんもゼルダさんを目標に、ますますのご研鑽を!
■大学の先生に転身された七子さん(野村浩子さん)が5月に「定年が見えてきた女性たちへ」(WAVE出版)を出版されました。また、この6月11日には、五七さんも共著「毒蛇は急がない(乗り移り人生相談傑作選②)」(日経BP社、1728円)を出版されたばかり。両書とも、ぜひお買い求めを!
■そうそう! タケシが共著の「これから始める俳句・川柳 いちばんやさしい入門書」(池田書店、1250円+税)もそろそろアマゾンで予約可です。俳句と川柳の
革命的な入門書です。ご一読くださいませ。
■五七さんから梅酒(2年もの)、文鳥さんからも梅酒(3年もの)を頂きました。ありがとうございました!
■秋にはサロンバスで奥多摩吟行も行う予定です。東京の名酒・澤乃井の酒蔵見学、ままごと屋さんでの懐石料理つきです。こふみ会の主催ですが、五七句会からのゲスト参加も大歓迎! 詳細が決まりましたらまたご案内いたしますので、ぜひお願い申し上げまーーす!
a0072359_17182560.jpg

2次会もまたディープな俳句の話。勉強になります。チャーーン!!
(文・タケシ)
[PR]
by go-shichi | 2014-06-16 17:20 | 句会 | Comments(16)

会報Vol.23

日時=平成25年12月14日/場所=神楽坂 志満金
幹事=五七、タケシ
出席者=タケシ、温爺、波風、孝多(多比羅孝)、
不実(柏木新)、五七、ゼルダ、B茄子(戸田恭子)、
香魚、かわうそ、みつきんぐ、
(欠席して投句のみ)七子、文鳥、ネリリ
a0072359_1621685.jpg

初参加のB茄子さん、句も素敵、短冊の字も素敵でした!

天=ネリリ(30点)
地=ゼルダ(25点)
人=みつきんぐ(24点)
次=孝多(21点)
花=不実(3輪)
a0072359_16222087.jpg

俳句を始めて約3年、ネリリさんが念願の「天」に

得票率
1位…ほめられてホップステップメロンパン(6・8%)
冬銀河てっぺんが好きメロンパン(6・8%)

セーターにメロンパン二つほらお母さま(2輪)

■兼題=義士の日(討ち入りの日、義士会)
義士の日の朝餉はいつもの菜っ葉汁    (七子)0
討ち入りの情報隠す秘密法        (温爺)0
義士の日にもらわれてきた白い犬  (みつきんぐ)13
Here they come 47 ronin in the snow (不実)0
義士の日や辞職届を懐に        (ネリリ)2
義士の日に子のさかむけをそっと舐め   (波風)6
義士の日のポリープを追う内視鏡    (タケシ)2
義士の日や手術待つ間のうなぎ重     (文鳥)2
後腐れなき別れかな義士祭      (かわうそ)8
義士の日や少年浪士に思い馳せ     (B茄子)0
義士の日やどこに行っても大阪弁     (五七)8
義士の日に茶漬けかき込む講談師     (香魚)0
義士の日に表情キリリ就活生      (ゼルダ)1
討ち入り日我らはどっと赤提灯      (孝多)7

■兼題=湯婆(ゆたんぽ、たんぽ)
口締めたはずの湯婆また冷めて      (波風)0
湯たんぽやタイムマシンに乗った夢    (温爺)9
湯たんぽを蹴りだしふたり足からめ    (不実)7
三晩ほど児らをはしゃがせたる湯婆(たんぽ)(五七)4
湯たんぽや胸の谷間の温さかな     (ゼルダ)7
ゆたんぽの国でヤクルトをばさんと   (タケシ)0
湯たんぽはアルミが好み祖母百歳     (文鳥)1
生ぬるい湯たんぽ蹴って二度寝する    (七子)2
湯たんぽの温もりうれし実家の夜    (B茄子)5
湯たんぽに湯を入れている寡(やもめ)かな(ネリリ)4
湯たんぽに湯をつぐ母の手の赤し     (香魚)9
隣国は厳戒態勢湯婆抱く       (かわうそ)3
湯たんぽの代わりに抱かれるねこ背かな(みつきんぐ)0
だったか湯たんぽにぬくもり残るのみ  (孝多)0

■席題=納豆汁
くどい上司これでも食らえ納豆汁    (ゼルダ)2
納豆汁龍馬嫌いを貫けり         (五七)4
流し目で納豆汁を出されをり      (ネリリ)8
姑は葱多くしてなっと汁         (香魚)6
お開きねママが作りし納豆汁       (波風)10
納豆汁人に言えない昼あそび      (タケシ)5
早朝の納豆汁に湯気のぼる       (B茄子)1
大リーグ養成ギブスや納豆汁       (温爺)0
ねばねばは嫌いだけれど納豆汁      (不実)0
背の痒み湯気に忘れし納豆汁     (かわうそ)0
むずかしいことは言わずに納豆汁     (孝多)3
あとひかぬ男見送り納豆汁     (みつきんぐ)3

■席題=メロンパン
メロンパンほどの誠意もない男   (みつきんぐ)8
メロンパン我が闘争の深い傷       (温爺)4
初デート格子数えしメロンパン      (波風)2
ほめられてホップステップメロンパン  (ゼルダ)15
メロンパン物理学会今日閉会       (五七)0
メロンパン粛正のない国に生き     (タケシ)12
メロンパン田舎の少女は愛人に    (かわうそ)8
かいらぎがよろしいですなメロンパン   (香魚)1
炬燵です半分こずつメロンパン      (孝多)11
冬銀河てっぺんが好きメロンパン    (ネリリ)15
差し入れのメロンパンから恋に落ち   (B茄子)6
セーターにメロンパン二つほらお母さま  (不実)2

a0072359_16224412.jpg

お約束のジャンプを見せつける赤組のみなさん。おめでとう

■今回のトピックス
■忘年句会ということで恒例の赤(女)組VS白(男)組の団体対抗戦を行いました。
■赤組は8名。白組は6名。白組には大ベテランの孝多先生と不実さんという強力助っ人! しかし、赤組だって負けてはいませんわ! B茄子さんという未知の強豪の参戦よ! 今回は相当人数差があるので、初めから白組に10点のハンデを頂きましたが、それでも2人少ない不利はいなめない! さあ、どんな勝負が展開するか?
■と意気込んではみたものの、初めの披講から女性の呼名ばかり……。途中で若干の意地は見せたものの、131対97点、大差で赤組の勝利に終わりました。パチパチパチ! 来年こそは勝とうよ、キャプテン五七!!
■負けた白組は一人1000円ずつ払い、それを2次会の資金にいたしました。
■孝多先生から澤乃井「大吟醸」を頂きました。ありがとうございます。
[PR]
by go-shichi | 2013-12-16 16:29 | 句会 | Comments(10)

五七句会ジュニア

五七句会会報通巻20号/2012年/9月発行
日時=平成24年8月11日/場所=銀座 ルノアール
幹事=ゼルダ、五七
出席者=タケシ、ゼルダ、五七、あちゃ、しまぷー、香魚、七子、文鳥、鬼旦、希求、白兎、みつきんぐ
a0072359_1515525.jpg

■兼題(俳人に乗り移って)
山口誓子(白兎)
 ひとりひざ抱けば秋風また秋風(2点)
 星落ちしところかや露濃やかに
 日本がここに集まる初詣(1点)
 せりせりと薄氷杖のなすままに

高浜虚子(香魚)
 浦安の子は裸なり蘆の浜
 どの家も飯食ふ昼や稲の花(1点)
 命かけて芋虫憎む女かな(1点)
 茎右往左往菓子器のさくらんぼ

橋本多佳子(文鳥)
 白桃に入れし刃先の種を割る(1点)
 七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ(4点)
 いなびかり北よりすれば北を見る
 硯洗ふ墨あをあをと流れけり

秋元不死男(五七)
 多喜二忌や糸きりきりとハムの腕
 ライターの火のポポポポと滝涸るる(1点)
 鳥わたるこきこきこきと罐切れば
 へろへろとワンタンすするクリスマス(4点)

三橋鷹女(希求)
 この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉(1点)
 白露や死んでゆく日も帯締めて(1点)
 くちびるに夜霧を吸へりあまかりき(2点)
 鞦韆は漕ぐべし愛は奪うべし(1点)

池田澄子(みつきんぐ)
 人が人を愛したりして青菜に虫(2点)
 じゃんけんで負けて蛍に生まれたの(5点)
 月おぼろ実は…のあとが聞きとれぬ(2点)
 主婦の夏指が氷にくっついて(2点)

阿部完市(タケシ)
 木から落ちるしずかに琵琶湖に落ちる
 少年来る無心に充分に刺すために(1点)
 木にのぼりてあざやかあざやかアフリカ人(2点)
 栃木にいろいろ雨のたましいもいたり

金子兜太(七子)
 原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫あゆむ
 青草に尿さんさん卑屈捨てよ(2点)
 銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく
 独楽廻る青葉の地上妻は生みに(2点)

西村和子(あちゃ)
 クリスマス羊の役をもらひたる
 初桜立ち出でて子はふり向かず
 葱きざむ子の嘘許すべかりしや(2点)
 泣きやみておたまじゃくしのやうな眼よ(2点)

大西泰世(鬼丹)
 ひらかなのように男がやってくる(2点)
 号泣の男を曳いて此岸まで(1点)
 なにほどの快楽か大樹揺れやまず(1点)
 火柱の中にわたしの駅がある(1点)

西東三鬼(しまぷー)
 倒れたる案山子の顔の上に天
 算術の少年しのび泣けり夏(1点)
 逆襲ノ女兵士ヲ狙ヒ撃テ!(1点)
 昇降機しづかに雷の夜を昇る

永井荷風(ゼルダ)
 葉桜や人に知られぬ昼あそび(1点)
 まだ咲かぬ梅を眺めて一人かな
 色町や真昼しずかに猫の恋(5点)
 子を持たぬ身のつれづれや松の内(1点) 

というわけで、優勝は池田澄子(みつきんぐ)
準優勝は永井荷風(ゼルダ)という結果でした。


■袋回し(一題6分)
【梨】
梨をもぐおとこの顔は墨色なり(七子)
果汁したたる長十郎に祖母の笑み(七子)
TV見るぐらいしかない梨を食ふ(香魚・4点)
梨の皮むき終えてこの家を出る(香魚・11点)
テレビつける梨食う音に耐えかねて(タケシ・2点)
梨食って反省したり夜の厨(タケシ・4点)
仲直りグリコと梨を交換し(タケシ・1点)
梨も食ったし鳥取砂丘つまらない(タケシ)
梨食えば噴煙西に傾きぬ(タケシ)
リンゴより梨の甘さの君が好き(鬼丹)
梨甘しこのままでは自白してしまう(五七・3点)
梨のごとほどよく甘い立女形(希求)
梨味のガリガリ君とテレビ見る(ゼルダ・3点)
あらいやだそんなにたくさん梨もいで(あちゃ・4点)
梨のごと薄甘い恋ずるい人(みつきんぐ・3点)
店先で思わずニヤ~リ梨の皿盛(白兎)
22世紀になってもうまい21世紀梨(しまぷー)
とどかない言葉にかえて梨をむく(文鳥・4点)

【百日紅】
いくつまでキレイなんです百日紅(タケシ・1点)
新しいお母さんです百日紅(タケシ・4点)
くらやみに金属バット百日紅(タケシ・6点)
「はじめまして」「いえ二度目です」百日紅(タケシ・13点)
百日紅つるつるの肌うらやまし(しまぷー)
百日紅ごめんごめんは聞き飽きた(みつきんぐ・2点)
百日紅我慢くらべは得意なの(みつきんぐ・2点)
百日紅父の手帳の忍の文字(五七・7点)
百日紅我が家に入るに鍵三つ(五七・2点)
うちあけぬ名前刻んだ百日紅(香魚)
五歳児の鬼籍に入る百日紅(あちゃ)
アフリカ人もすべって落ちる百日紅(ゼルダ・3点)
猿すべり見とれたからだ百日紅(白兎・4点)
百日紅我が子登りて目離せず(希求)
さるすべり掃き集めたる終戦日(文鳥)
夏の夜の百日紅の下男と女(七子)

【とろろ】
山の宿とろろ汁で迎える秋の朝(鬼丹)
とろろすするサザエさん見るひとり者(みつきんぐ)
とろろする手かゆ食べた口もかゆ(あちゃ)
高尾山のぼっておりてとろろそば(あちゃ)
いがぐりの少年おかわりとろろ汁(七子)
亡き父がごりごりすったとろろ汁(七子)
ちゃぶ台にすりばちでんととろろ汁(七子・2点)
哀しくて喉につかえるとろろ汁(ゼルダ・2点)
とろろ汁ふくれた腹でわたる駒形(希求)
子が欲しい妻つぶやきてとろろする(希求)
喉かゆいそれでもやめれぬとろろ汁(しまぷー)
これは食えしトウルルンとろろそば(白兎)
帰りたる母のとろろは味噌でとく(文鳥)
男殴る夢からさめてとろろ汁(五七・4点)
とろろ芋鉄板の上じゅっと焼く(香魚)
とろろ芋のような祖父の手握りしむ(香魚)
よく噛んでなどするもんかとろろ飯(香魚・4点)
とろろ汁あたし産むこと決めたから(タケシ・7点)
とろろ汁親子三代偏平足(タケシ)
とろろ汁ゆうべも負けたタイガース(タケシ)
とろろ汁某日某女某所にて(タケシ・2点)
とろろ汁母の繰り言聞きながら(タケシ・2点)

【団扇】
うちわ持つ筋張った腕にキュン死にしそう(みつきんぐ・2点)
君残す去年の夏の団扇かな(七子)
生あたたかき風団扇はさんで老夫婦(七子)
夜祭に浴衣美人と団扇一つ(しまぷー)
尾行する団扇の中に顔かくし(タケシ・4点)
熱いのは軀か頭か団扇欲し(タケシ)
内輪だけ盛り上がっている団扇かな(タケシ)
デイリーを読んでる団扇はたと止む(タケシ・1点)
子の手形足形押されたる団扇(あちゃ)
昼寝して団扇投げだす5才児よ(ゼルダ・3点)
千代紙を団扇に貼りて遊ぶ子ら(文鳥)
おととしの祭りの団扇棚の裏(香魚)
ダイソンよりあの子があおぐ団扇風(希求)
さすがだね丸亀団扇よ!日本一(白兎)
古団扇へなりへなりとつくる風(五七・1点)
志ん生の絵団扇にある醤油じみ(五七)

こちらは、タケシ圧勝の天(47点)。
地(19点)は香魚、人(17点)は五七でした。
急いで集計したので間違っていたら、ごめんね。

■いつもとは違った趣向で楽しんだ五七句会ジュニア。まずは、俳句に親しもうということで、好きな俳人の句を通じた互選句会を行いました。ここに挙がった作品に触発されて「もっと句を知りたい」と思っていただければ幸せです。
■後半は一題6分の制限時間を設けて行った袋回し。シニアのタケシさんの投句数と得票数に絶句です。
■今回初参加は、鷹女の情念句をひっさげ、粋な小千谷縮で登場した希求さん。これからもよろしくお願いします。
■次回五七句会レギュラー版は9月22日の秋分の日です。みなさまご参加よろしくお願いします。
[PR]
by go-shichi | 2012-08-14 00:06 | 句会 | Comments(25)

会報Vol.18

五七句会会報通巻18号/2012年/2月発行
日時=平成23年9月10日/場所=神楽坂 志満金

幹事=五七、タケシ
出席者=タケシ、鬼旦、双月、五七、みつきんぐ、
文鳥、ネリリ、しまぷー、あちゃ、温爺、香魚、ゼルダ、
かわうそ、白黒、クレピー、三間、七子

天=五七(60点)
地=三間(41点)
人=タケシ(27点)
花=タケシ、みつきんぐ、温爺、香魚、ゼルダ、三間(共に2輪)

得票率
1位…武蔵野に月だけの天バス出づる(7・81%)
2位…あのひとは秋刀魚が好きで年上で(5・94%)


あのひとは秋刀魚が好きで年上で(2輪)
名月や川澄む澤に岩清水(2輪)

■兼題=年上
年上と偽り口説く無月かな        (白黒)13
文化祭年上になるメイクして       (文鳥)7
年上の女りりしく穂立つ晩稲(おくて)かな(鬼旦)0
いつの間に球児達より年上に     (しまぷー)1
すぐすねる年上の部下秋暑し      (タケシ)3
年上のひとの香りぞ彼岸花        (温爺)8
年上にみられて愉し美術展        (双月)0
年上も年下もなし秋遍路        (ネリリ)14
年上と謝まらないで月夜道        (香魚)2
年上の女器用に茸狩           (三間)15
年上の子ら防災の日背筋伸び     (かわうそ)1
猫またぎ秋刀魚で魅せる年上の男  (みつきんぐ)0
年上の妻にしかれて秋うらら     (クレピー)1
年上のバイクの背みた鰯雲       (あちゃ)0
あのひとは秋刀魚が好きで年上で    (ゼルダ)19
蜩(ひぐらし)や信長よりも年上に    (五七)15
ススキノに年上の女ひとりをり      (七子)0

■兼題=近景と遠景(ミクロとマクロ)
あの月を手に入れたくて掬(すく)い水  (香魚)1
我もまたその他大勢紅葉狩り       (双月)3
台風はどっち行くんだじゃこを煮る  (かわうそ)9
秋霖や針の止まりし腕時計       (ネリリ)2
古事記にて安産守りの神みつけ     (あちゃ)5
そっと妻手を繋ぎくるきょうの月     (温爺)3
紅葉に染まったお山はおいしそう    (ゼルダ)0
星飛ぶや蝶のかたちに佐渡ヶ島     (タケシ)9
秋刀魚焼く煙上りてうろこ雲       (七子)6
秋高しテレビ見ながら耳そうじ    (クレピー)3
満月を浮かべて焦らす三杯目       (白黒)2
未だ見ぬ我が子に背負わし親のエゴ  (しまぷー)0
菜洗ふかなかなの音にいわし雲      (文鳥)1
カシオペア見上げる男の無精髭   (みつきんぐ)6
登れども登れども遠ざかる雲の峰     (鬼旦)10
武蔵野に月だけの天(そら)バス出づる  (五七)25
番(つが)い飛ぶ赤蜻蛉より小(ちさ)き富士(三間)0

■席題=なでしこ
撫子や下着真っ赤な仲居さん       (温爺)5
なでしこやひとに愛され愛し得ず     (五七)9
なでしこはかつて純愛いま根性    (かわうそ)4
光あび輝く撫子側にあり       (しまぷー)0
なでしこの合コンブログでばらされる  (あちゃ)0
なでしこや愛と平和とイソフラボン   (タケシ)1
まとまりて撫子の色なおも濃し      (双月)6
なでしこや風をはらんだユニフォーム  (ネリリ)0
撫子やおてやわらかに悪口も      (ゼルダ)0
なでしこや野分のごとく駆け抜ける    (鬼旦)2
なでしこにあやかりせめて化粧筆     (香魚)1
撫子を一輪差して人を待つ        (文鳥)2
撫子と元気をつれて君に会う    (みつきんぐ)0
撫子の栞に気づく古本屋         (白黒)5
名月や川澄む澤に岩清水         (三間)9
白ワインなでしこジャパンあばばばば (クレピー)0

■席題=檸檬(レモン)
教室に置き忘れたる檸檬かな       (白黒)1
紀尾井坂孤高の檸檬転がれり       (五七)9
今夜だけかわいいれもんになりたいの(みつきんぐ)2
球ひろいコートを跳ねるレモン色    (あちゃ)0
断面に青カビ発見深夜レモン     (かわうそ)12
檸檬剥く奪った女奪われる        (三間)14
あ~という口に檸檬のひとしずく     (温爺)1
レモンハイもう止まらないあと一杯    (鬼旦)0
故郷やナスの味噌汁ママレモン    (クレピー)2
朝日さしキッチンのへら檸檬色     (ゼルダ)0
紺碧の空に乾杯檸檬酒          (文鳥)0
病人の言葉鋭し檸檬酸し        (タケシ)14
初恋はすっぱいだけのレモン色    (しまぷー)1
レモンひとつしぼる彼女の手の白さ   (ネリリ)5
部下さとすレモンサワーの苦さかな    (双月)11
輪切りしたレモンの向こう陸上部     (香魚)3

a0072359_13474955.jpg
恒例の金メダル噛み、誕生日イブの五七さん

■今回のトピックス
■あちゃさんのご懐妊(12月25日の予定)、風歌さんのご結婚(残念ながら今回は欠席)、しかも翌日は五七さんのお誕生日とおめでたいことが重なりました。
■五七さんからモルトウイスキー「クラガンモア12年」、かわうそさんからスパークリングワイン「カヴァ・ブリュット」をいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2011-09-12 13:51 | 句会 | Comments(53)

会報Vol17

五七句会会報通巻17号/2011年/9月発行
日時=平成23年6月11日/場所=銀座 小湘亭
a0072359_2224088.jpg

作句中(その1)
うしろ姿のクレピーさん。今日は何句出すおつもりなのか…



幹事=五七、風歌、タケシ
出席者=温爺、双月(滝澤朋子)、三間、
文鳥(楠木玲子)、クレピー、桃太郎、かわうそ、
みつきんぐ(満木葉子)、白兎(小川泰加)、
白黒(寺尾豊)、香魚(小谷あゆみ)、
ぷざんぬ(鈴木翔子)、しまぷー(しまぶくろまこと)、
寝子(秋山真由美)、七子、ゼルダ、風歌、五七、
魔裟偉、初好、タケシ
a0072359_22244458.jpg

作句中(その2)
カメラ目線の七子さん。
まさか、この後、あんな凄いことになろうとは……



天=七子(63点)
地=白黒(43点)
人=寝子、タケシ(共に38点)
花=双月(4輪)

得票率
1位…一日で消えし港に初がつお(8・89%)
2位…雨乞や地図からこぼれ落ちた村(8・61%)


雨乞か家もたぬ猫顔洗う(2輪)
節電の闇でお前の腹を抱く(2輪)
■兼題=草いきれ
帰宅後のワインの中に草いきれ    (クレピー)0
草いきれ不明の人はまだ不明       (三間)6
生き物の吐息あつめて草いきれ      (寝子)25
草いきれ知らずエコ熱都会びと    (ぷざんぬ)0
草いきれすがる眼でゆく飯館牛      (七子)0
草いきれ擦りむいた膝鉄の味       (初好)7
汗ばんだ女の素足草いきれ       (ゼルダ)1
赤い家窓から入る草いきれ       (桃太郎)0
草いきれ網もちかけた山の中     (しまぷー)1
黒いシャツ白い波跡嗚呼草いきれ     (白兎)0
草いきれ制御できない制御棒      (タケシ)0
草いきれ少年ふたり土管へと       (五七)2
草いきれ在りし日犬の姿追う       (白黒)16
草いきれ放射線降る散歩みち     (かわうそ)0
草いきれ手のひらの銅貨とけてゆき   (魔娑偉)1
ボールどこあざみが知ってる草いきれ   (文鳥)0
草いきれたてまえ崩す缶酎ハイ   (みつきんぐ)7
草いきれあのとき消えたホームラン    (香魚)3
裾乱れあま~い香りの草いきれ      (温爺)3
少年という男あり草いきれ        (双月)8
草いきれ死者の茶わんを叩き割る     (風歌)14


■兼題=一日
人生を変える一日夏至近し      (かわうそ)3
氷かみくだき一日を葬れり       (魔裟偉)7
ありふれた一日なれど君がおり      (初好)9
一日がしみ込むように通り雨       (白黒)16
終電で明日を迎えてまた終わる   (みつきんぐ)1
髪洗ひ今日一日を葬らん         (五七)6
雨やみて一日傘の重み知る        (香魚)2
一日に春夏秋冬味わいぬ         (三間)0
でで虫や一日雨の湯西川        (タケシ)1
白靴を履いて一日白洲次郎        (温爺)3
一日を褒めて終えたきビールかな     (双月)1
とぼとぼと過ぎし一日蟻が這う     (ゼルダ)1
一日中走りまわれたあのころは    (しまぷー)0
一日で消えし港に初がつお        (七子)32
五七五日がな一日悩む梅雨        (寝子)2
早苗なき一日重ね福島や       (ぷざんぬ)1
妻のゐぬ一日ダアリアは咲けり      (風歌)10
一日が終わり体が満ちてくる      (桃太郎)0
一日の打ち上げベッドでミステリー    (文鳥)1
炊いたんヨ一日かけて狐寿司       (白兎)22


■席題=雨乞
雨乞のふりして踊るAKB        (白黒)1
猫の子がみようみまねで雨乞いす  (みつきんぐ)1
雨乞の斎宮の白宮の森          (文鳥)7
雨乞や泣きホクロの濡れ光りをり    (魔裟偉)0
雨乞や今日のむ酒が雨となれ     (しまぷー)3
雨乞や胡散臭げなヒゲ親父        (温爺)4
雨を乞うねずみのような酌婦らと     (五七)4
織姫を妬み雨乞独り酒          (初好)1
夏の空雨乞を断つ白き神        (桃太郎)0
雨乞に励んだ夜は酒乞いだ        (白兎)1
雨乞や何に操られてをるや        (風歌)1
雨乞いもSPEEDI見て慎重に   (かわうそ)1
雨乞いや踊り間違えドピーカン      (香魚)0
雨乞や地図からこぼれ落ちた村     (タケシ)31
雨乞いやついでに降れよ運命の人     (寝子)1
夏の蝶雨乞い乱舞に空曇る        (七子)8
雨乞にモテ期がきたかと神宣う    (ぷざんぬ)0
雨乞か家もたぬ猫顔洗う         (双月)11
雨乞いで卑弥呼降臨天ゆらぐ      (ゼルダ)0
雨乞や別れ言葉は女から         (三間)9


■席題=節電
節電で朝昼ゴーヤ夜ゴーヤ      (かわうそ)0
節電や妻の香水においたち        (温爺)21
節電よ増やせ暗がりデート中       (初好)4
節電の闇でお前の腹を抱く       (桃太郎)0
節電に夏闇一枚だけまとふ       (魔裟偉)1
節電や今日もあなたはいい人ね   (みつきんぐ)6
節電や見失いたる大飛球         (三間)1
節電よアロハ部長に判もらい       (七子)17
節電やがほんがほんと洗濯機      (タケシ)2
風の音のふわりと愛し節電中       (寝子)5
節電やおおいなるかな花氷        (風歌)0
節電に星と花火の競う夜       (ふざんぬ)1
人生の節電なんてないんだよ     (しまぷー)7
始末書の筆圧あがる節電下        (五七)2
節電の団欒ありて夏衣          (双月)3
節電はいいわけこの夏貸別荘       (文鳥)0
節電を覗きに来たる蛍かな        (白黒)8
節電で苦瓜ヘチマ食費浮き        (香魚)1
節電の夜を溶(とろ)かすジャズの酔い (ゼルダ)1
デンパクさん節電節電耳にタコ      (白兎)0

a0072359_2225793.jpg

やった~!
七子さん初優勝、おめでとうございます。プレゼントされた純メッキの金メダルを噛んで、はい、ポーズ! 



■今回のトピックス
■平成18年6月10日にスタートした五七句会。5年にして、なんと、はじめて、参加者が20名を超えました!パチパチパチ! ありがとうございます。
■初参加の方お楽しみいただけましたか? あっという間の5時間でしたね。「炊いたんヨ一日かけて狐寿司」」「生き物の吐息あつめて草いきれ」「一日がしみ込むように通り雨」「少年という男あり草いきれ」などなど初参加と思えない秀作揃い。地の白黒さん、人の寝子さん、花の双月さんと大活躍でした。次回は9月頃でしょうか。またぜひご参加くださいませ。ブログにもお気軽に書き込みくださいませ。
■今回も会場探しは五七さん。五七さん、いつもありがとうございます。
■幹事からお願い。選句用紙は持ち帰らず、幹事に渡すようにしてくださいね。句会の結果を記録するためです。今回は3名の方の選句用紙が見当たらず、18名分でざっくりと集計いたしました。悪しからず、です。
■ゼルダさんから「福島のお酒〝風が吹く〟」、文鳥さんから「吟撰・梵」、三間さんから「大吟醸・寒梅」、五七さんから「まる田・古酒」、双月さんから「大七・戒石銘」をいただきました。皆様ありがとうございました。
■香魚さんこと小谷あゆみさん出演のNHK教員テレビ「福祉ネットワーク介護百人一首」が6月14日、6月15日二夜連続で放送されます。20時から20時29分まで。五七句会で鍛えた五七五が炸裂するか!? ぜひご覧ください。
[PR]
by go-shichi | 2011-06-13 22:29 | 句会 | Comments(52)

会報Vol16

日時=平成23年4月24日/場所=銀座 銀座酒場
幹事=五七、タケシ
出席者=ネリリ、五七、あちゃ、タケシ、風歌、
クレピー、七子(兼題のみ投句=ゼルダ、温爺)

a0072359_12275428.jpg

天=タケシ(40点)
地=風歌(24点)
人=五七(18点)
花=五七(3輪)

得票率
1位…にせものの空なら突き破れ雲雀(15%)
1位…雲雀立つふるさとを出る荷の重さ(11・43%)

ロゼワインそろそろ終わる壮年期(2輪)

■兼題=復活祭
復活祭聖なるものにふくらはぎ      (五七)0
朝焼けや日出ずる国のイースター    (ネリリ)1
胡麻団子みっつ買ったよ復活祭     (ゼルダ)3
アーモンド・グリコひとつぶ復活祭   (タケシ)1
復活祭次は昇天我が肝臓       (クレピー)0
スーちゃんの微笑みかえらぬ復活祭    (七子)1
復活祭うしろめたさは二日酔い      (温爺)1
復活祭よみがえりのち神いずこ     (あちゃ)0
級友の生まれし街よイースター      (風歌)6

■兼題=雲雀
「はい」と立つ一年生に雲雀鳴く     (七子)3
ヒバリ鳴く声に呼ばれし森の奥     (ネリリ)1
雲雀あがる半旗はためく校庭に      (五七)5
にせものの空なら突き破れ雲雀     (タケシ)21
桜散り萌ゆる新緑揚雲雀       (クレピー)5
雲雀立つふるさとを出る荷の重さ     (風歌)16
多摩川を走るランナー飛ぶ雲雀     (あちゃ)1
偽りの春を告げるな群れ雲雀      (ゼルダ)6
揚げ雲雀嫉妬深さは人の性        (温爺)11

■席題=ロゼワイン
王室の恋が実りてロゼワイン       (風歌)1
好物はブイヤベースとロゼワイン   (クレピー)0
ロゼワインあの人を待つ食堂車     (タケシ)3
葉山の夜もっと冷やしてロゼワイン    (七子)10
風光るブランチ君とロゼワイン     (ネリリ)0
ロゼワインそろそろ終わる壮年期     (五七)6
クレピーの饒舌なるやロゼワイン    (あちゃ)5

■席題=春惜しむ
春惜しむ北鎌倉の駅ホーム       (タケシ)11
春惜しむ?花粉症だもん        (あちゃ)1
マニキュアの淡きピンクや春惜しむ   (ネリリ)7
春惜む人々集い餃子焼く         (五七)10
春惜しむ北へ北へと花追いて       (七子)2
買い占めたパンをほおばる春惜しむ    (風歌)1
彼女いた十年前の春惜しむ      (クレピー)1


■今回のトピックス
■このたびの大震災で被災された方、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。その大地震で、仙台のご両親が被災された風歌さん。ご両親ともご無事でしたが、体調を崩されていることもあり、風歌さんは地震直後から何度も仙台入り。大変ご苦労をされてきました。
■そんな彼女と久しぶりに連絡がとれて、急遽決まった「風歌さん支援句会」です。「この週末は久しぶりに東京の自宅で過ごせるので、ぜひ出席したい」と彼女自身もいつもと変わらぬ元気な姿を見せてくれました。被災地での生々しい話も聞かせてくれました。
■風歌さんとの連絡係から緊急句会の案内、会場や兼題の設定など、幹事の五七さんには大変お世話になりました。いつもありがとうございます。二次会には白兎(はくと=次回参加予定?)さんのベルギービールのお店(銀座5丁目の「ロイジービブ」)に行きました。
■風歌さんをはじめ五七句会のメンバーが多数載っている『万能川柳20周年記念ベスト版』が毎日新聞社から好評発売中。1500円(税別)です。ぜひご笑覧ください。
■あちゃことシマブクロアサコさんの写真展も。タイトルは「『このイスとわたし』写真展」。5月26日から31日まで、吉祥寺のギャラリー悠で開かれます。ぜひみんなで遊びに行きましょう。
http://www.g-you.jp/info/sche.html
[PR]
by go-shichi | 2011-04-25 12:29 | 句会 | Comments(22)

会報Vol15

日時=平成23年2月11日/場所=神楽坂 志満金
幹事=温爺、タケシ

出席者=タケシ、三間、鬼丹(大西元博)、五七、
ネリリ、風歌、温爺、あちゃ、七子、竜
(兼題のみ投句)ゼルダ

天=タケシ(40点)
地=ネリリ(39点)
人=温爺、三間(23点)
花=タケシ、三間、竜(共に2輪)

得票率
1位…日本の墓は縦書き土筆摘む(8・5%)
1位…チューリップ八百長なしに咲きにけり(8・5%)

子規さんはいつも横顔芽吹きどき(2輪)

■兼題=シクラメン
シクラメン隣りにいたこと気づかずに   (鬼丹)5
しりとりは終らぬあそびシクラメン    (五七)2
淋しさの隣が似合うシクラメン     (ゼルダ)5
シクラメン母の遺影はいい笑顔       (竜)2
シクラメン微熱こらえて会いに行く   (ネリリ)7
シクラメン人生変えた布施明      (あちゃ)0
シクラメン見おぼえのある表書き     (風歌)8
手土産に持ちし家にもシクラメン     (三間)1
雪ぞりの子らを見守るシクラメン     (七子)1
シクラメン事の終りし後ポトリ      (温爺)5
約束はしない約束シクラメン      (タケシ)15

■兼題=日本
拳銃と妊婦少なき日本國         (五七)4
初春や風神雷神日本人         (あちゃ)2
日本の墓は縦書き土筆摘む       (タケシ)17
日本のヘソのあたりに春の雪       (三間)13
あいまいな和の集合体ニッポン      (風歌)0
ニッポンの少子化憂いて婚活中      (鬼丹)1
みそ汁が旨い!やっぱり日本いい~   (ゼルダ)7
生ぬるき日本の風や海猫(ごめ)渡る  (ネリリ)15
日本は襖一枚余寒かな          (温爺)6
日本刀角川春樹沈丁花           (竜)6
バンコクの日本居酒屋グチに満ち     (七子)2

■席題=八百長
八百長の力士は前夜一升酒         (七子)4
チューリップ八百長なしに咲きにけり   (ネリリ)17
淡雪や八百長はまだ秘めてをり        (竜)0
横綱も足をとられし春の泥         (三間)2
甘い言葉をマジにして通い続ける八百長バー (鬼丹)0
八百長がバレて以来の大マスク      (タケシ)2
八百長はなにひとつなきなごり雪      (温爺)12
困ります八百長慣れした雪女        (風歌)0
鷽(うそ)鳴くや八百長力士春告げず   (あちゃ)2
八百長を雲に仕掛けて春満月        (五七)0

■席題=芽吹く
芽吹くため十七偽るグラビア嬢     (あちゃ)0
木々芽ぶく新居の新居たる匂ひ       (竜)10
ストライクアウト響いて蔦芽吹く     (五七)1
芽吹く山仰げば尊しこだまする      (七子)5
恋一つ芽吹き抗菌コート脱ぐ       (三間)7
芽吹いたらそこから始まる恋の苦難    (鬼丹)0
いじ悪な大工の子にも芽ぶき時      (風歌)2
子規さんはいつも横顔芽吹きどき    (タケシ)6
眉間じわふとほどけさす芽吹きかな   (ネリリ)0
芽吹きを足湯の男女ヒソヒソと      (温爺)0

■今回のトピックス
■「2006年以来の大雪」という予報。その上、新宿駅で無差別殺人の予告……そんな中、10.5名の方が集いました。ありがとうございました。お疲れ様でした。
■10.5名というのは、クレピーさんが句会前に顔だけ出して帰っちゃったから。クレピーさん、乙すぎ!でも次回は顔だけじゃなく句も出してね。
■鬼丹さんが才能の片鱗。自由律俳句に感嘆の声があがりました。あちゃさんもさすがの視点、リズムです。
■昨年、五七さんが佳作特別賞(ペットボトルなどに載ります)、風歌さん、温爺さん、タケシが佳作賞に入選した伊藤園新俳句大賞の締切が迫ってきました。2月28日です。詳しくはホームページをどうぞ。
http://www.itoen.co.jp/new-haiku/
■五七さん「泡盛・五七さんブレンド」、七子さん「新酒にごり酒・ぼたん雪」、竜さん「黒龍」、皆様ありがとうございました。
a0072359_16404165.jpg

[PR]
by go-shichi | 2011-02-12 16:41 | 句会 | Comments(16)

会報Vol14

五七句会会報通巻第14号/2011年/3月発行
日時=平成22年10月23日/場所=志満金
幹事=温爺、五七
出席者=五七、ネリリ(三師由起子)、初好、クレピー、
獺、風歌、ゼルダ、温爺、竜、七子、タケシ、三間

天=温爺(38点)
地=風歌(35点)
人=五七(28点)
4位タケシ27点、5位初好24点、6位竜23点
花=五七、三間(共に3輪)

得票率
1位…椋鳥や左にぐわー右にざあー(8・3%)
2位…しみじみの数いつもより生まれ月(7・5%)


ルミちゃんのことはしゃあない柘榴どや(2輪)
紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅(2輪)

■兼題=石榴
男気を出して石榴のアタマかな      (三間)1
石榴の実割れ目にのぞくルビー熟れ    (初好)1
いびつでもそれぞれ光る割れ石榴    (ネリリ)8
母とあるくインディアンサマー柘榴熟れ  (獺)5
ルミちゃんのことはしゃあない柘榴どや  (五七)9
柘榴噛む我が唇血がしたたる        (七子)0
実ざくろや荷造り終えて判を押す      (竜)11
わたし今、石榴のように叫びたい    (ゼルダ)4
新鉢は割るべし石榴食べるべし      (温爺)0
西の窓石榴は風の意のままに       (風歌)1
石榴落つ処刑はいつも午後の二時    (タケシ)9

■兼題=ジャズ
ジャズ喫茶主(あるじ)は万年映画助手  (七子)1
ジャズに乗せマル経学者某送る      (五七)3
秋深し愛し合うならジャズがいい     (温爺)9
五線譜を蹴って飛び立てジャズの楽(がく)(タケシ)0
秋深し煙草もジャズもやめました      (竜)3
技つかひ本気で遊ぶジャズセッション  (ネリリ)0
ジャズ流すうどん屋を出ていわし雲    (獺)4
低音が闇を転がす宵のジャズ      (ゼルダ)1
紅葉や紅紅黄黄黄紅黄紅         (三間)0
永遠を一瞬に込めジャズギター      (初好)4
失恋の跡形もなしジャズの店       (風歌)7
シャンソンをジャズで聴きたし秋の夜 (クレピー)6

■席題=椋鳥
椋鳥を殺した鳩が低く啼く        (獺)4
群れなして何も目指すな椋鳥よ     (ゼルダ)7
椋鳥や左にぐわー右にざあー      (温爺)20
椋鳥やものを書くとき髪は邪魔     (タケシ)2
椋鳥に驚き顔のカカシかな        (七子)10
椋鳥がまた匿名で騒ぎ出す         (竜)8
椋鳥のだいだいの足闇に消え       (初好)1
椋鳥(むく)宿る下を国勢調査員     (五七)14
椋鳥や五つの口を持つ女         (風歌)16
椋鳥や燥(はしゃ)ぎて恋を語りけり   (三間)3
むくどりの大合唱に秋しみじみ    (クレピー)0
椋鳴く下子ら駆け回り大合唱      (ネリリ)0

■席題=しみじみ(句の中に秋の字を使わず他の季語で句を作る)
しみじみと背中で語る夜長かな      (三間)2
放課後の音の哀しきしみじみと     (ゼルダ)1
満月やしみじみ今日も生きている     (温爺)9
しみじみと減る残高や鰯雲        (五七)2
しみじみと右傾化したる里案山子    (タケシ)16
銀杏やパンツしみじみ洗う夜        (竜)1
神無月売上げノルマしみじみと     (獺)1
しみじみといなごの足をかじりとる    (七子)1
しみじみの数いつもより生まれ月     (初好)18
風を身に揺れてしみじみ草の花     (ネリリ)6
しみじみや雨降っている旅にでる     (風歌)11

a0072359_1523655.jpg

見よ、この得意げな表情!
■今回のトピックス
■おめでとう、竜さん! 号外でもお知らせしましたが、竜さんが「ぬまづ文芸」川柳部門の大賞〈芸術祭賞〉を受賞されましたので、みんなでお祝いしました。ぬまづ文芸の来年度の応募は6月10日から7月31日まで。皆さんも、ぜひどうぞ。
■五七さん「まる田・古酒」、七子さん「あさ開純米吟醸生原酒」、竜さん「初亀」、ネリリさん「常きげん山廃仕込純米酒」、タケシ「ポテトチップスとかきの種」、皆様ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2010-10-25 15:24 | 句会 | Comments(66)

ホルモン句会

2月11日ホルモン句会全結果

まずは、相模原グリーンホールで
柳家花いち「元犬」
春風亭百栄「トンビの夫婦」
三遊亭白鳥「マキシム・ド・呑兵衛
仲入り
柳家喬太郎「時そば」
柳亭市馬の「片棒」
で、その後、本厚木「酔笑苑」でシロコロホルモンを皮切りに内臓、正肉、ラーメン、焼きおにぎりを食い散らかし、飲み足りない者たちは本厚木駅前の「わたみん家」でコロッケを突きながらの酒盛りと相成りました。
その間の句会は次のような結果に。
●春の風
我が頬を歌いつ撫でる春の風(風歌1点)
母の声、よく似たケセラ春の風(ゼルダ)
春風や副編集長また不在(タケシ1点)
春風や私も掘ってほしいのよ(竜1点)
ふうわりとみぞおちを刺す春の風(節子1点)
春の風絵具がひとつ足りなくて(五七7点)
ただいま~の声より早く春の風(ひろば3点)
●ホルモン
噛み切れぬホルモン一つ建国日(タケシ4点)
春動くホルモンきゅっと反り返る(ひろば3点)
臓物喰う土偶の世から五千年(五七)
ホルモンの童貞めいて春淡し(竜2点)
内臓を正して告げるさようなら(ゼルダ1点)
朧夜やコブコロを噛むハツを噛む(節子)
七輪にホルモンの舞春るるる(風歌3点)


本日は大変酔っぱらっているので気のきいたことも書けず、味気なく報告のみでございます。
みなさまちゃんと帰れましたか?
[PR]
by go-shichi | 2010-02-12 01:21 | 句会 | Comments(14)

土偶プチ句会

上野の東京国立博物展で開催中の「土偶展」を鑑賞し、句を作りました。プチ句会の第二弾です。
日時=平成22年1月31日
場所=蓮見茶屋(作句)、れんこん(選句)
参加者=風歌、ゼルダ、クレピー(初参加、ワインエキスパートの水野さん)、七子、五七
題=土偶、冬

風歌三句
  山眠る角笛を吹く人のあり
  冬の空マントの男翻る
  春を待つ東南角部屋ミス土偶

ゼルダ三句
  柔らかきまなざしの先にスウィートピー
  国宝だっ! 私に似てるこの土偶
  春よこいポヨーンポヨーンと早くこい

クレピー一句
  初句会冬の上野にポニョ響く

七子三句
  灰かぶる囲炉裏の岩魚何思ふ
  薪窯に燃え立つ土偶と目が合いて
  冬の夢腰をふりふり土偶出づ

五七三句
  ぽにょぽにょと背を押す乳房土偶展
  誰からの着信だらう春隣
  ぷちぷちをくるくる丸め日向ぼこ


a0072359_911711.jpg春がそこまで来ていると感じさせる1月最後の暖かな日曜日、土偶展は入場整理をするほどの大盛況でした。縄文のビーナス(写真)をはじめとする数多くの土偶に触れ、詩想を膨らませたメンバーを悩ませたのが蓮見茶屋にエンドレスで流れ続ける「崖の上のポニョ」のテーマ曲。頭から離れてくれず、作句に影響が出てしまったようです。それでも何とか作り終え、その後は上野の居酒屋「れんこん」で楽しく選句。その結果は…。

優勝  五七(18点)
純優勝 七子(16点)

みなさまお疲れ様でした。
[PR]
by go-shichi | 2010-02-01 09:14 | 句会 | Comments(23)
カテゴリ
全体
句会
会報
号外
連絡
未分類
以前の記事
最新のコメント
ありがとうございました~..
by かわうそ at 00:45
どうみても葬式群が際立っ..
by きんぎょく at 15:21
春の昼〜! こうして並..
by 香魚 at 15:15
五七さま、ブログアップ..
by 文鳥 at 14:55
五七さん、アップお世話お..
by bannousenryu at 12:26
いつもありがとうございま..
by みつきんぐ at 11:57
ミツキング、投句でも選句..
by 五七 at 14:34
ミツキング、おめでとう!..
by bannousenryu at 15:34
今年もお世話になりまして..
by ミツキング at 14:55
↑上のコメントは、タケシ..
by bannousenryu at 11:31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧