句会


句会連絡
by go-shichi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

五七句会ジュニア

五七句会会報通巻20号/2012年/9月発行
日時=平成24年8月11日/場所=銀座 ルノアール
幹事=ゼルダ、五七
出席者=タケシ、ゼルダ、五七、あちゃ、しまぷー、香魚、七子、文鳥、鬼旦、希求、白兎、みつきんぐ
a0072359_1515525.jpg

■兼題(俳人に乗り移って)
山口誓子(白兎)
 ひとりひざ抱けば秋風また秋風(2点)
 星落ちしところかや露濃やかに
 日本がここに集まる初詣(1点)
 せりせりと薄氷杖のなすままに

高浜虚子(香魚)
 浦安の子は裸なり蘆の浜
 どの家も飯食ふ昼や稲の花(1点)
 命かけて芋虫憎む女かな(1点)
 茎右往左往菓子器のさくらんぼ

橋本多佳子(文鳥)
 白桃に入れし刃先の種を割る(1点)
 七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ(4点)
 いなびかり北よりすれば北を見る
 硯洗ふ墨あをあをと流れけり

秋元不死男(五七)
 多喜二忌や糸きりきりとハムの腕
 ライターの火のポポポポと滝涸るる(1点)
 鳥わたるこきこきこきと罐切れば
 へろへろとワンタンすするクリスマス(4点)

三橋鷹女(希求)
 この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉(1点)
 白露や死んでゆく日も帯締めて(1点)
 くちびるに夜霧を吸へりあまかりき(2点)
 鞦韆は漕ぐべし愛は奪うべし(1点)

池田澄子(みつきんぐ)
 人が人を愛したりして青菜に虫(2点)
 じゃんけんで負けて蛍に生まれたの(5点)
 月おぼろ実は…のあとが聞きとれぬ(2点)
 主婦の夏指が氷にくっついて(2点)

阿部完市(タケシ)
 木から落ちるしずかに琵琶湖に落ちる
 少年来る無心に充分に刺すために(1点)
 木にのぼりてあざやかあざやかアフリカ人(2点)
 栃木にいろいろ雨のたましいもいたり

金子兜太(七子)
 原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫あゆむ
 青草に尿さんさん卑屈捨てよ(2点)
 銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく
 独楽廻る青葉の地上妻は生みに(2点)

西村和子(あちゃ)
 クリスマス羊の役をもらひたる
 初桜立ち出でて子はふり向かず
 葱きざむ子の嘘許すべかりしや(2点)
 泣きやみておたまじゃくしのやうな眼よ(2点)

大西泰世(鬼丹)
 ひらかなのように男がやってくる(2点)
 号泣の男を曳いて此岸まで(1点)
 なにほどの快楽か大樹揺れやまず(1点)
 火柱の中にわたしの駅がある(1点)

西東三鬼(しまぷー)
 倒れたる案山子の顔の上に天
 算術の少年しのび泣けり夏(1点)
 逆襲ノ女兵士ヲ狙ヒ撃テ!(1点)
 昇降機しづかに雷の夜を昇る

永井荷風(ゼルダ)
 葉桜や人に知られぬ昼あそび(1点)
 まだ咲かぬ梅を眺めて一人かな
 色町や真昼しずかに猫の恋(5点)
 子を持たぬ身のつれづれや松の内(1点) 

というわけで、優勝は池田澄子(みつきんぐ)
準優勝は永井荷風(ゼルダ)という結果でした。


■袋回し(一題6分)
【梨】
梨をもぐおとこの顔は墨色なり(七子)
果汁したたる長十郎に祖母の笑み(七子)
TV見るぐらいしかない梨を食ふ(香魚・4点)
梨の皮むき終えてこの家を出る(香魚・11点)
テレビつける梨食う音に耐えかねて(タケシ・2点)
梨食って反省したり夜の厨(タケシ・4点)
仲直りグリコと梨を交換し(タケシ・1点)
梨も食ったし鳥取砂丘つまらない(タケシ)
梨食えば噴煙西に傾きぬ(タケシ)
リンゴより梨の甘さの君が好き(鬼丹)
梨甘しこのままでは自白してしまう(五七・3点)
梨のごとほどよく甘い立女形(希求)
梨味のガリガリ君とテレビ見る(ゼルダ・3点)
あらいやだそんなにたくさん梨もいで(あちゃ・4点)
梨のごと薄甘い恋ずるい人(みつきんぐ・3点)
店先で思わずニヤ~リ梨の皿盛(白兎)
22世紀になってもうまい21世紀梨(しまぷー)
とどかない言葉にかえて梨をむく(文鳥・4点)

【百日紅】
いくつまでキレイなんです百日紅(タケシ・1点)
新しいお母さんです百日紅(タケシ・4点)
くらやみに金属バット百日紅(タケシ・6点)
「はじめまして」「いえ二度目です」百日紅(タケシ・13点)
百日紅つるつるの肌うらやまし(しまぷー)
百日紅ごめんごめんは聞き飽きた(みつきんぐ・2点)
百日紅我慢くらべは得意なの(みつきんぐ・2点)
百日紅父の手帳の忍の文字(五七・7点)
百日紅我が家に入るに鍵三つ(五七・2点)
うちあけぬ名前刻んだ百日紅(香魚)
五歳児の鬼籍に入る百日紅(あちゃ)
アフリカ人もすべって落ちる百日紅(ゼルダ・3点)
猿すべり見とれたからだ百日紅(白兎・4点)
百日紅我が子登りて目離せず(希求)
さるすべり掃き集めたる終戦日(文鳥)
夏の夜の百日紅の下男と女(七子)

【とろろ】
山の宿とろろ汁で迎える秋の朝(鬼丹)
とろろすするサザエさん見るひとり者(みつきんぐ)
とろろする手かゆ食べた口もかゆ(あちゃ)
高尾山のぼっておりてとろろそば(あちゃ)
いがぐりの少年おかわりとろろ汁(七子)
亡き父がごりごりすったとろろ汁(七子)
ちゃぶ台にすりばちでんととろろ汁(七子・2点)
哀しくて喉につかえるとろろ汁(ゼルダ・2点)
とろろ汁ふくれた腹でわたる駒形(希求)
子が欲しい妻つぶやきてとろろする(希求)
喉かゆいそれでもやめれぬとろろ汁(しまぷー)
これは食えしトウルルンとろろそば(白兎)
帰りたる母のとろろは味噌でとく(文鳥)
男殴る夢からさめてとろろ汁(五七・4点)
とろろ芋鉄板の上じゅっと焼く(香魚)
とろろ芋のような祖父の手握りしむ(香魚)
よく噛んでなどするもんかとろろ飯(香魚・4点)
とろろ汁あたし産むこと決めたから(タケシ・7点)
とろろ汁親子三代偏平足(タケシ)
とろろ汁ゆうべも負けたタイガース(タケシ)
とろろ汁某日某女某所にて(タケシ・2点)
とろろ汁母の繰り言聞きながら(タケシ・2点)

【団扇】
うちわ持つ筋張った腕にキュン死にしそう(みつきんぐ・2点)
君残す去年の夏の団扇かな(七子)
生あたたかき風団扇はさんで老夫婦(七子)
夜祭に浴衣美人と団扇一つ(しまぷー)
尾行する団扇の中に顔かくし(タケシ・4点)
熱いのは軀か頭か団扇欲し(タケシ)
内輪だけ盛り上がっている団扇かな(タケシ)
デイリーを読んでる団扇はたと止む(タケシ・1点)
子の手形足形押されたる団扇(あちゃ)
昼寝して団扇投げだす5才児よ(ゼルダ・3点)
千代紙を団扇に貼りて遊ぶ子ら(文鳥)
おととしの祭りの団扇棚の裏(香魚)
ダイソンよりあの子があおぐ団扇風(希求)
さすがだね丸亀団扇よ!日本一(白兎)
古団扇へなりへなりとつくる風(五七・1点)
志ん生の絵団扇にある醤油じみ(五七)

こちらは、タケシ圧勝の天(47点)。
地(19点)は香魚、人(17点)は五七でした。
急いで集計したので間違っていたら、ごめんね。

■いつもとは違った趣向で楽しんだ五七句会ジュニア。まずは、俳句に親しもうということで、好きな俳人の句を通じた互選句会を行いました。ここに挙がった作品に触発されて「もっと句を知りたい」と思っていただければ幸せです。
■後半は一題6分の制限時間を設けて行った袋回し。シニアのタケシさんの投句数と得票数に絶句です。
■今回初参加は、鷹女の情念句をひっさげ、粋な小千谷縮で登場した希求さん。これからもよろしくお願いします。
■次回五七句会レギュラー版は9月22日の秋分の日です。みなさまご参加よろしくお願いします。
[PR]
by go-shichi | 2012-08-14 00:06 | 句会 | Comments(25)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ありがとうございました~..
by かわうそ at 00:45
どうみても葬式群が際立っ..
by きんぎょく at 15:21
春の昼〜! こうして並..
by 香魚 at 15:15
五七さま、ブログアップ..
by 文鳥 at 14:55
五七さん、アップお世話お..
by bannousenryu at 12:26
いつもありがとうございま..
by みつきんぐ at 11:57
ミツキング、投句でも選句..
by 五七 at 14:34
ミツキング、おめでとう!..
by bannousenryu at 15:34
今年もお世話になりまして..
by ミツキング at 14:55
↑上のコメントは、タケシ..
by bannousenryu at 11:31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧