句会


句会連絡
by go-shichi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:会報( 24 )

会報Vol.19

五七句会会報通巻19号/2012年/6月発行
日時=平成24年3月24日/場所=神楽坂 志満金

幹事=温爺、五七、タケシ
出席者=三間、タケシ、温爺、ネリリ、五七、あちゃ、
しまぷー、初好、香魚、ゼルダ、七子、文鳥、寝子、
クレピー(兼題のみ欠席投句)風歌、みつきんぐ

天=タケシ(45点)
地=香魚(42点)
人=あちゃ(39点)
花=タケシ、あちゃ、初好(共に2輪)
かわゆいで賞=結

得票率
1位…退院も別れの一つ春ショール(7・86%)
2位…嫁ぎきていそぎんちゃくを酢で和える(6・79%)

■兼題=無口(春の句仕立て)
今日もまた無口でありし蕗を炊く     (文鳥)6
無口なり目刺しの鰓と義理の父      (風歌)1
花嫁は至って無口猫さかる        (三間)2
春うららプラットホーム無口な彼   (しまぷー)0
フクシマの闇夜のサクラ無口なり     (七子)1
成長の証しの無口ヒヤシンス      (タケシ)16
無口さを桜でかくす宴かな      (クレピー)2
春が来た無口な大地がしゃべりだす   (ゼルダ)8
花見なう誰も無口じゃいられない     (温爺)1
無口とは忘れ得ぬ日の代名詞       (初好)7
色香り全開にして梅無口         (香魚)8
三陸の沖で蛤無口かな          (寝子)3
真夜中にあさり砂吐きみて無口     (あちゃ)17
満開の桜に助けられし無口の君   (みつきんぐ)2
蝌蚪(かと)飼ひて夫(つま)のますます無口なる(五七)5
春の昼ティラノサウルス無口なり    (ネリリ)2

■兼題=春ショール
いつもとは違う道ゆく春ショール    (ネリリ)7
退院も別れの一つ春ショール      (タケシ)22
春ショールピンクが似合うお母さん   (ゼルダ)0
春ショール風にたなびき胸いたい   (クレピー)1
僕の部屋君の去年の春ショール      (温爺)6
春ショール君がふんわり巻いてくれ    (七子)0
春ショール欲しくてのばすテナガザル   (風歌)0
人妻は逆光が佳し春ショール       (五七)8
春ショール結びて弾む靴の音       (寝子)0
頬を埋め今宵を惜しむ春ショール     (文鳥)1
春ショールまとって隠せ会いたさを    (初好)2
改札を間違え走る春ショール       (香魚)14
乳のみ児を人に預けて春ショール    (あちゃ)11
雑踏をひらりひらりと春ショール      (三間)1
肩を抱くきみの手ぬくり春ショール (みつきんぐ)0
空を舞う風に誘われ春ショール    (しまぷー)0

■席題=いそぎんちゃく
いそぎんちゃく未婚再婚また離婚    (タケシ)5
華やかさ海のEXILEいそぎんちゃく  (初好)0
たまさかの逢瀬じゃないのイソギンチャク (七子)0
いそぎんちゃくB型ですがそれが何か   (五七)0
そでの下クマノミ隠すイソギンチャク  (あちゃ)1
嫁ぎきていそぎんちゃくを酢で和える   (香魚)19
細胞や宇宙や踊れいそぎんちゃく     (寝子)9
典雅なるいそぎんちゃくのゆらゆらら  (ネリリ)1
磯巾着内気な花は水に咲く        (文鳥)4
いそぎんちゃくゆれてゆられてよっぱらい(クレピー)2
いそぎんちゃく波に揺られる一輪の花 (しまぷー)0
いそぎんちゃく歓喜の歌は高らかに   (ゼルダ)12
魂を磯巾着に抜かれけり         (三間)5
磯巾着地上の楽園知らぬまま       (温爺)10

■席題=四月馬鹿
青い目の小犬を連れし四月馬鹿      (三間)1
酔う前に嘘がつけない四月馬鹿      (寝子)7
お茶のんでお茶菓子たべて四月馬鹿   (タケシ)2
四つ角にコンビニ三つ四月馬鹿      (五七)0
本当のことを言おうか四月馬鹿      (文鳥)18
四月馬鹿甘い苦いのぼやけたり     (ネリリ)0
人間の業という事 四月馬鹿       (温爺)0
騙すより騙されてみたい四月馬鹿   (しまぷー)1
四月馬鹿思わぬ人が死んじまう     (ゼルダ)8
四月馬鹿今年もボクが社長です      (七子)7
告白をする人もなし四月馬鹿       (香魚)1
ゆとり世代にだまされたふり四月馬鹿   (初好)0
エイプリルフールズオンザ昼下り    (あちゃ)10
うたたねの美女にほほえむ四月バカ  (クレピー)1

a0072359_12451457.jpg

■今回のトピックス
■最年少同人誕生! しまぷーさんとあちゃさんのお子さん結ちゃん(3ヵ月半)です。結ちゃんを囲んでみんなほっこり。「ゆいまーる」な一夜となりました。
■三間先生のお嬢さんがこの日ご結納。先生は会場から駆けつけてくださいました。、おめでとうございます!
■香魚さんから「旬太郎トマト」、温爺さんから清酒「船中八策」、五七さんからシングルモルト「ボウモア12年」、文鳥さんから米焼酎「皆空」をいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2012-03-26 12:46 | 会報 | Comments(17)

号外・伊藤園おーいお茶新俳句大賞入賞

号外!
七夕の今日、第21回伊藤園新俳句大賞が発表され、
165万7098句(!)から、
五七(三橋英之)さんの「新しいグラブの匂い春の闇」と、
谷村ひろば(温爺)さんの奥さま、谷村節子さんの
「子が無くて花火が好きで絵本好き」が見事に佳作特別賞を獲得されました。
順次「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載されますので、
皆さん見つけて購入しましょう。
そして今年(締切は来年の2月28日)はぜひ皆さんで参加しましょうね。

http://www.itoen.co.jp/new-haiku/index.html
文:タケシ
[PR]
by go-shichi | 2010-07-07 12:01 | 会報 | Comments(12)

会報vol.12

五七句会会報通巻12号/2010年/2月発行
日時=平成21年11月14日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろば、タケシ
出席者=風歌、初好、乱坊、五七、竜、桃太郎、
ゼルダ、三間、ひろば、タケシ
天=タケシ(37点)
地=竜(31点)
人=風歌(30点)
花=乱坊(4輪)
a0072359_11302178.jpg

得票率
1位…冬雲やいよいよ白き石畳 (10%)
2位…とはいえど座れば石の冷んやりと(9・5%)
花……ママ肥ゆるスナック「モナリザ」客一人(3輪)
■兼題=モナリザ
微笑まぬモナリザきっと生理中     (ひろば)1
咳終えてモナリザはまた微笑せり      (竜)8
モナリザの無音世界へ蝿が翔ぶ     (ゼルダ)10
モナリザのジグソー足りぬ1ピース    (三間)1
モナリザの紙包みからべったら漬け   (タケシ)3
モナリザを手本に微笑の受付嬢      (初好)2
モナリザを描(か)きダヴィンチ恋を捨て (桃太郎)1
モナリザの眉間(まゆま)のどけき午後三時 (風歌)2
モナリザに諸行無常の鯰髯        (五七)0
ママ肥ゆるスナック「モナリザ」客一人  (乱坊)5

■兼題=おでん
終わる恋含めて煮ましょおでん鍋     (初好)1
おでん汁垂れて関東ローム層       (五七)9
逃亡者湯気の向こうに家おでん     (桃太郎)8
防波堤おでんを脇に雪の海        (乱坊)1
おでん屋ののれんの幸の字が誘う    (ひろば)6
東西も南北も無きおでんかな       (三間)8
ため息もよく煮えているおでん鍋      (竜)8
夢ばかり追いかけて二人おでん屋台    (風歌)1
君がいておでんグツグツ四畳半     (ゼルダ)1
聞くために外す補聴器おでん酒     (タケシ)4

■席題=落葉
推敲という悪足掻き落葉踏む       (五七)0
とある日のとあるお寺の落葉踏む    (タケシ)13
こんなにも静かなるもの濡れ落葉     (風歌)7
ワイパーの上にて休む枯れ落ち葉     (乱坊)10
落葉観る姉冷ややかに杉の木々     (桃太郎)0
あの落ち葉が残ったら恋がはじまる   (ゼルダ)3
愛犬の躍んだり跳ねたり落葉かき     (初好)0
重なりて転がりてゆく落葉かな      (三間)1
落葉踏むわたしは18フランス人     (ひろば)8
煩悩がこんなにもある落ち葉かな      (竜)5

■席題=嘱目吟
秋の暮ワヰン酒場の灯が点る      (ひろば)2
マフラーが闇に消え行く江戸の路地    (乱坊)1
冬暖か薬ヒグチの黄看板         (五七)3
来る年の手帖購い神無月         (初好)0
とはいえど座れば石の冷んやりと    (タケシ)19
冬雲やいよいよ白き石畳         (風歌)20
毘沙門天いよいよ朱き冬陽かな      (三間)4
カサコソと淋しく鳴いて秋が逝く    (ゼルダ)2
はふはふふ焼き芋のはふはふはふふ     (竜)10
恩人を裏切った街春を待つ       (桃太郎)7

a0072359_11344347.jpg

■今回のトピックス
■五七句会初のプチ吟行を行いました。8名が4時に集合して小1時間、毘沙門天を中心に散策。いかがでしょうか、足で作った句。いつも以上に秀作が多い気がするのですが。次は春にお濠端かな?
■インターネット古書店「575ブックス」を開店した竜さんのインタビューが11月17日発売の「日経ビジネス・アソシエ」に掲載されますのでご覧ください。それから「575ブックス」にもぜひ遊びに行ってあげてください。旬の五七五情報満載です。http://www.575books.com/
■ひろばさんやタケシのコピーライティングと俳句の師、多比羅孝さんが言葉遊びのブログを開設しました。五七さんや竜さんの楽しい作品も見られますよ。知の木々舎「言葉遊び入門」http://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/
■ゼルダさんから「純米吟醸・萬代芳」、竜さんから「芋焼酎・魔界への誘い」、五七さんから「まる田・古酒」をいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2009-11-16 11:39 | 会報 | Comments(50)

会報Vol11

五七句会会報通巻11号/2009年/10月発行
日時=平成21年6月27日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろば、タケシ
出席者=竜、五七、風歌、、謳夏、菫、初好、
琴玉(宮崎美枝子)、ゼルダ、ひろば、
七子(野村浩子)、タケシ
(兼題投句)づつう、三間、駄々
a0072359_14313535.jpg

天=タケシ(32点)
地=菫(29点)
人=ひろば(22点)
花=づつう(2輪)
得票率
1位…枝豆がかばんの底に一つあり(7・72%)
1位…芦屋夫人鎌倉夫人平泳ぎ(7・72%)
2位…ひらがなのなまえならんだいちねんせい
(6・82%)
花……「ぜつぼう」とひらがなで書き酒を飲む(2輪)
■兼題=ひらがな(平仮名でなくひらがな)
ひらがなのなまえならんだいちねんせい   (菫)15
一夜明け仮名で呼び合う仲となり     (七子)2
ひらがなでゆらゆらゆれるががんぼよ    (竜)1
「ぜつぼう」とひらがなで書き酒を飲む (づつう)0
ひらがなを紡ぐいろはのやわらかさ    (駄々)9
南風(みなみ)吹く女にひらがなの鎖骨  (五七)0
ひらがなの身の置き処なきIT界     (初好)10
反転のひらがな書く子に笑みこぼれ    (謳夏)8
ゆっくりとゆの字のようなかたつむり   (三間)8
ひらがなにして齧る、彼の名と過去   (ゼルダ)9
ひらがなの「あ」の字が好きで二度離婚  (ひろば)8
ひらがなの白い記憶や原爆忌      (タケシ)0
ひらがなの名ふだ艶めかしスクール水着  (琴玉)5
短冊にひらがな泳ぐ笹の海        (風歌)2

■兼題=「クロール」「平泳ぎ」「背泳ぎ」「バタフライ」
背泳ぎとひこうき雲が平行線        (菫)1
五カ瀬川稚鮎とクロール競い合い     (七子)1
真夜中のプールにしのびてバタフライ  (づつう)2
バタフライ、ひと掻きごとに「ハラへったぁ」 (ゼルダ)1
彼(か)の人の背筋にみとれバタフライ   (謳夏)3
背泳ぎで飛行機雲を追いかける      (三間)3
まどろみて雲と流れて背で泳ぎ      (駄々)0
背泳ぎの虚空に落ちていくやうな     (五七)12
背泳ぎや天の川ゆく心地して       (風歌)1
モテ水着チョー気持ちいい平泳ぎ     (初好)0
背泳ぎの君の乳房の弾け飛ぶ      (ひろば)7
背泳ぎや見上げる空の鳥を追い      (琴玉)0
背泳ぎ中われUFOを発見せり       (竜)2
芦屋夫人鎌倉夫人平泳ぎ        (タケシ)17

■席題=枝豆
枝豆のころころころと圏外へ      (タケシ)14
枝豆を見たら「夏だ!」とハモってる。 (ゼルダ)0
売り切れの枝豆想いビール空け      (謳夏)0
枝豆をパクッと食べて「別れましょ」  (ひろば)2
産ぶ毛なき無限枝豆寂しん坊       (初好)0
帰宅族枝豆ゆでてしけってる       (琴玉)0
枝豆をデスクでつまむ午後10時       (菫)4
枝豆がかばんの底に一つあり        (竜)17
枝豆や三人姉妹とすぐにバレ       (風歌)9
枝豆や父親かつてみな童貞        (五七)1
枝豆に野球中継父の笑み         (七子)7

■席題=半袖
半袖のシャツに去年のペンのしみ      (菫)9
半袖やアジアのVIP開衿シャツ     (琴玉)3
半袖の草食男子くださいな        (五七)8
半袖や足よりリアルなジム効果      (風歌)1
半袖の白き腕より色香立つ        (七子)6
半袖がサーカス団の団長さん      (タケシ)1
半袖をめくる白さにゴルフばれ      (謳夏)0
ラコステの靴下のワニ、半袖へ      (ゼルダ)2
半袖のセーラー服を取り寄せる       (竜)1
半袖や百メートルの腕の振り      (ひろば)4
半袖のワイシャツダサき永田町      (初好)1

■今回のトピックス
■突然の枕さんのご訃報。彼女や彼女の句の思い出を語りながら、いつもどおりの形式で句会を行いました。
■竜さんが俳句・川柳・短歌をメインとするインターネットのみの古本屋「575ブックス」をスタートさせます(本格開店は8月予定)。品揃えを眺めるだけでも楽しいので、一度、ぜひ。http://www.575books.com/
■琴玉さんことみやざきみえこさんのコンサートが7月6日、下北沢で行われます。「スクール水着」の句で沸かせてくれた琴玉さんの魅力に触れましょう。お問い合わせ・チケット予約はミュージックハウス・モズ(03・3481・0506)まで。急いで!
■ひろばさんや竜さん、三間さんが常連の毎日新聞「仲畑流万能川柳」から『女の一生 日本女流川柳万能版』が出ました。575作りのテキストに最適。ぜひよろしくお願いいたします。
■菫さんから「芋焼酎・竹翁」、竜さんから「純米吟醸・花垣」、初好さんから「赤霧島」、ひろばさんから「辛口原酒・鬼ころし」、五七さんから「まる田・古酒」、謳夏さんから「黒龍・吟十八号」をいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by go-shichi | 2009-06-29 14:42 | 会報 | Comments(44)

会報Vol10

五七句会会報通巻10号/2009年/6月発行
日時=平成21年2月14日/場所=神楽坂 椿椿
幹事=ひろば、タケシ
出席者=竜、五七、枕、、桃太郎、三間、ゼルダ、
風歌、竹翁(竹内幹)、ひろば、タケシ
(兼題投句)づつう、菫、駄々
a0072359_18562151.jpg

天=五七(49点)
地=駄々(20点)
人=竹翁、三間、づつう(16点)
花=枕(3輪)
得票率
1位…地に刺せば地球も回る風車(11・5%)
2位…夕焼けに染まる白煙多喜二の忌(10%)
花……義理チョコや少し本気の隠し味(2輪)
   多喜二忌にわれは女王の足の下(2輪)
■兼題=電波
電波ってビビビじゃないのよメガヘルツ  (風歌)4
ちょうちょうが電波にのって飛んでくる   (枕)1
電波塔おやつは魚肉ソーセージ     (タケシ)1
春めいて電波中年またひとり        (竜)3
退屈で空に甘える電波かな       (桃太郎)10
休日に傍若無人の電波かな       (づつう)3
電波力鍛えて飛ばせ未来地図       (駄々)0
電波塔証拠のこして春一番       (ひろば)0
きみは水わたしは夜の電波です      (五七)4
春の空千の通話に雲一つ         (竹翁)7
アンテナを揺らして春の電波かな     (三間)3
無器用に秘めた電波が俺を喰う     (ゼルダ)6

■兼題=多喜二忌
多喜二忌に携帯小説読了す         (菫)0
蟹工船のってみたいと君は言い      (竹翁)1
多喜二の忌不謹慎かなスーダラ節    (ひろば)0
多喜二忌や赤旗なんか信じない       (竜)0
多喜二忌にくどい化粧のギャルがいく  (ゼルダ)2
多喜二忌の予定が白く空いている    (桃太郎)1
多喜二忌にわれは女王の足の下       (枕)8
多喜二忌やトイプードルが肉を食う   (づつう)13
人類ガ黄昏テマス多喜二ノ忌       (五七)12
多喜二忌や風にちぎれるデモの声    (タケシ)3
派遣切り何をか思ふ多喜二忌に      (風歌)0
多喜二忌や酒の肴にカニ風味       (三間)4
夕焼けに染まる白煙多喜二の忌      (駄々)20

■席題=義理チョコ
父親の義理チョコ妬いた五年前       (枕)1
義理チョコをもらうこの日がバースディ?(ゼルダ)0
チョコレート空いた机に二つ三つ     (竹翁)0
いつまでも溶けぬ義理チョコ口にあり    (竜)5
義理チョコじゃないのよと笑む義理の母  (五七)8
義理チョコや少し本気の隠し味      (三間)2
義理チョコにさて次の店行きましょう  (ひろば)2
盆暮れに次いでふくらむ義理チョコ代   (風歌)0
義理チョコを投げてよこしたサウスポー (タケシ)6
義理チョコを毎年くれる母に花     (桃太郎)0

■席題=風車
風車ぼくは今夜もからまわり        (竜)5
風車わが子の前歯もはえそろひ      (竹翁)8
風車グルグル模様の猫が追う      (ゼルダ)7
逆風も面白きもの風車          (三間)7
病院のお子様ランチの風車         (枕)3
山バトを撃つ男の肩風車        (桃太郎)0
槍を手に風車の前でテッサロッソ     (風歌)1
風車借金取りの置土産         (ひろば)11
風車りっしんべんをやり直す      (タケシ)3
地に刺せば地球も回わる風車       (五七)23

a0072359_1857910.jpg

■今回のトピックス
■カンパーイ!からスタートした句会。10名で記念すべき10回記念句会を行いました。句会の雰囲気もだんだん五七調のようなものが生まれてきましたね。このトーンを大切に20回30回……と続けてまいりましょう。
■いつも以上にいい句が出揃ったね、というのが皆さんの感想でした。その一因は五七句会らしい「兼題」「席題」の斬新さ。ゼルダさん、ひろばさん、竜さん、次回(6月予定)もよろしくお願いいたします。
■伊藤園の新俳句に投句してみませんか、と五七さん。締切は2月28日。ネット投句できます。急げ、急げ!
■三間さんから「神亀・ひこ孫」、ゼルダさんから「焼酎・盛若」、竜さんから「純米吟醸・瀧自慢」、五七さんから「まる田・古酒」、づつうさんから「カレーせんべい・華麗満月」をいただきました。また、今回は志満金さんがNGで急遽、五七さんに句会場の手配をお願いしました。皆様いつもありがとうございます。
[PR]
by go-shichi | 2009-02-16 18:57 | 会報 | Comments(27)

会報Vol9

五七句会会報通巻9号/2009年/2月発行
日時=平成20年10月12日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろば、タケシ
出席者=るみ姉、乱坊、五七、竜、ゼルダ、風歌、三間、
ひろば、タケシ
a0072359_22122053.jpg

天=タケシ(58点)
地=五七(29点)
人=ゼルダ(22点)
花=風歌(3輪)
得票率
1位…十月の空へ梯子を伸ばしきる(15%)
2位…平凡が腸(はらわら)に染む里芋煮(9・44%)
    里芋の葉にたまれ、奴の悪口(9・44%)
花……刈田にて「すずめ食堂」本日閉店(3輪)
■兼題=刈田
刈田にて「すずめ食堂」本日閉店     (風歌)2
クルマ停め刈田の脇で立ち小便      (乱坊)1
一面の苅田となりて家遠く        (五七)8
道徳がまた捨ててある刈田かな       (竜)7
無礼者っ!刈田を跨ぐ昼の虹      (ゼルダ)4
刈田踏むあの戦いの初版本       (るみ姉)5
青空の悲しきまでに刈田かな       (三間)7
とっぷりと暮れて刈田の案山子かな   (ひろば)5
刈田より無力な父の無精髭       (タケシ)15

■兼題=十月
十月に生まれし我のケセラセラ      (三間)8
あの十月かの志ん朝は土になり      (五七)0
十月に行く人来る人プロ野球       (乱坊)1
十月の空へ梯子を伸ばしきる      (タケシ)27
十月の陽に造花までくすみゆく       (竜)0
金のマル、銀のテンテンの十月     (ゼルダ)1
十月の夜鍋に栗は十三や         (風歌)0
十月のニュールンベルクの寂寥感    (ひろば)4
十月の海に来るのは訳ありか      (るみ姉)2

■席題=蜻蛉
泣き顔で見上げる天にトンボ軍     (ゼルダ)0
叱られて交尾の蜻蛉見つめをり      (五七)6
赤外線写真になぞの赤蜻蛉       (ひろば)1
婚活に縁なき里の蜻蛉かな        (三間)2
蜻蛉も俺もぐるぐる廻るだけ        (竜)4
とまろうか鼻ちょうちんに赤蜻蛉     (乱坊)6
蜻蛉飛ぶメガネの君は今いずこ     (るみ姉)0
蜻蛉や博士になれず理科教師      (タケシ)10
にわか雨傘に迷いし戯れトンボ      (風歌)1

■席題=里芋
里芋をつつきながらの野宿かな      (三間)1
煮足らずでレシピうらめし里芋よ     (乱坊)0
農協の女帝と呼ばれ里芋煮       (タケシ)5
里芋煮味見し過ぎて一人前        (風歌)0
平凡が腸(はらわら)に染む里芋煮    (五七)17
里芋の葉にたまれ、奴の悪口      (ゼルダ)17
里芋の転がるさまに笑えない      (るみ姉)2
洗われて里芋きゅっと引き締まる      (竜)1
里芋のさといもたらんぬ~るぬる    (ひろば)9

a0072359_22124973.jpg

■今回のトピックス
■初体験のフルサイズ(天・地・人・花・五客)句会はいかがでしたか? いつにも増して真剣な雰囲気、読み返しても秀句が多いですね。五七さんは「こふみ句会」でも天(トップ)を受賞。五七さんに負けないよう次回に向けてますますのご研鑽を!
■五七句会に出版ブーム到来! まずるみ姉こと佐藤留美さんが『結婚難民』(小学館101新書)を。そして三間こと宮本佳則さんが『万能川柳・名人選 宮本佳則版』(毎日新聞社)を出版されました。ぜひご一読くださいね。
■二次会は風歌さんに引率されて隠れ家の、しかも屋根裏部屋的一室へ。時間を忘れるいい雰囲気でした。
■ほら貝さんと波風さんが急遽キャンセル。聞けば金融危機の取材で東奔西走とか。次回句会までにはこの騒ぎが沈静化しているといいのですが……。
■次回は2月か3月です(五七さん、また調整願います)。兼題(宿題)は昨日提案がありましたが、一つはゼルダさんに担当していただきましょう。ゼルダさん、どうぞよろしくお願いします。
■ひろばさんから「大分麦焼酎・大古酒・昭和五十六年製造・貴吉」、竜さんから「神亀・ひやおろし」、ゼルダさんから「大七・生酛」、五七さんから「まる田・古酒」をいただきました。また、ひろばさんにはいつものように志満金さんとの連絡係をしていただきました。皆様いつもありがとうございます。
[PR]
by go-shichi | 2008-10-13 22:21 | 会報 | Comments(27)

会報vol8

五七句会会報通巻8号/2008年/10月発行
日時=平成20年6月28日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろば、タケシ
出席者=五七、竜、枕、波風、謳夏、
初好(そめよし。永井昌代)、ゼルダ、づつう(柴真樹)、
三間(さんま。宮本佳則)、駄々(松本純)、ひろば、タケシ
a0072359_12481815.jpg

天=タケシ(37点)
地=枕(29点)
人=ひろば(28点)
得票率
1位…夜店出て口端のソースを舐めさせて
(12・04%)
2位…冷奴会えば解決する話(9・26%)
3位…梅雨寒しモノクロ世界の赤い傘(7・41%)
■兼題=梅雨寒
道産子のくしゃみを誘う梅雨寒か     (初好)0
梅雨寒やおんなひとりの四畳半     (ひろば)6
梅雨寒は恋に破れたせいだから       (竜)0
梅雨寒にしまった毛布愛おしく      (謳夏)1
梅雨寒し今日はホットの缶コーヒー     (枕)3
梅雨寒に鰻を食って持て余す       (波風)1
梅雨寒に熱波の一陣日本ダービー    (ゼルダ)0
梅雨寒のなまあし「生きるから生きて」 (タケシ)3
空席をふさぐヴィトンや梅雨寒し     (五七)0
梅雨寒や出戻りの身の置きどころ     (三間)8
梅雨寒やシュプレヒコールの声かすれ  (づつう)4
梅雨寒しモノクロ世界の赤い傘       (駄々)16

■兼題=夜店
チェンマイの夜店の闇に消えた妻    (ひろば)14
大振りの金魚を恨む夜店かな        (竜)5
夜店の灯女にまるき乳房あり       (五七)0
愛犬のいつものそこに夜店かな      (初好)1
内縁の夫夜店に出勤す         (タケシ)14
思い出は君のうなじと夜店の灯      (駄々)0
浴衣着て胸おどらせし待つ夜店前     (謳夏)1
腕からめ夜店の裏の闇に消ゆ      (づつう)0
髪結いて夜店巡りの初デート      (ゼルダ)0
止まらない夜店遠くに羞恥心       (波風)1
往来の片身をてらす夜店かな       (三間)10
夜店出て口端のソースを舐めさせて     (枕)26


■席題=サザン
湘南にひねもすサザンサザンかな     (三間)8
出会いから栞代わりのサザンの詞     (初好)7
ラジカセを直して妻とサザンきく    (づつう)12
中肉中背中年男サザン好き       (タケシ)0
サザンファン永ちゃんファンとケンカする(ひろば)1
あっサザンこの唄が好き、気が合うね  (ゼルダ)1
サザン聴きいいじゃないかとラブアフェアー(波風)0
遠花火サザンはずっと色褪せず       (竜)2
サザン聴く江の島育ちの丘サーファー   (駄々)0
サザン消ゆカラオケボックス闇深し    (五七)2
選曲の順番に賭けサザンかな       (謳夏)0
出すほどに事務所を感じるサザンかな    (枕)0

■席題=冷奴
父母の前に黙って冷奴         (ひろば)6
きみがいて薬味があって冷奴        (竜)14
プリウスのエサにするなら冷奴      (波風)0
女房とケンカした日の冷奴        (三間)0
二日酔い反省の味冷奴          (初好)1
冷奴〝夏はこれね〟と週4で       (謳夏)5
冷奴ワサビとショウガでにらめっこ    (駄々)0
三年目おかずのメインは冷奴        (枕)0
冷奴ベッドで深く眠りたい       (ゼルダ)7
日曜の自由のかたち冷奴         (五七)13
凛として箸つけられぬ冷奴       (づつう)1
冷奴会えば解決する話         (タケシ)20

a0072359_12485556.jpg

■今回のトピックス
■「チェンマイの夜店」「ひねもすサザンサザン」など、今回も記憶に残る名(迷)句が生まれました。「日曜の自由のかたち冷奴」の正調から「梅雨寒しモノクロ世界の赤い傘」の私小説、川柳調、写生句、妄想イリュージョンまで「何でもあり」が五七句会の魅力ですね。
■前回の10名から今回12名とますます拡大する五七句会。俳句の奥深さは1回や2回ではわかりません。継続参加をお願いします。次回(10月か11月の予定)からは「天・地・人・花」「五客」のフルサイズで行いましょう。乞うご期待!
■謳夏さんから「手作り・眞澄」、五七さんから「九郎左衛門・雅山流」と「まる田・古酒」、竜さんから「明鏡止水」、ゼルダさんから「会津ほまれ・こだわり仕入吟醸酒」、駄々さんから「鳥飼」、づつうさんから「しぼりたて生原酒」、波風さんから「百年の孤独」をいただきました。また、ひろばさんにはいつものように志満金さんとの連絡係をしていただきました。皆様いつもありがとうございます。
[PR]
by go-shichi | 2008-06-30 12:45 | 会報 | Comments(36)

会報vol7

五七句会会報通巻7号/2008年/2月発行
日時=平成20年2月23日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろば(=元ひろし)、タケシ
出席者=枕、五七、竜、風花(=元風歌)、乱坊、謳夏、
菫、ゼルダ(鶴巻百合子)、ひろば、タケシ
a0072359_15305647.jpg

天=枕、竜(31点)
地=ひろば(26点)
人=タケシ(21点)
得票率
1位…石鹸玉また幸せが逃げてゆく(9・44%)
2位…二日酔い玄関先に痩せ椿(7・78%)
3位…それぞれに名前をつけた石鹸玉(6・67%)
■兼題=石鹸玉
それぞれに名前をつけた石鹸玉      (五七)12
我が馬券命の長さはシャボン玉      (乱坊)1
しゃぼん玉後追う妹の泣きっ面      (風花)0
しゃぼんだま一二三四五六七      (タケシ)8
燃えあがる大人の恋や石鹸玉      (ひろば)1
シャボン玉子供の見本で息切れす      (枕)5
石鹸玉また幸せが逃げてゆく        (竜)17
失恋の日にブワリとぶしゃぼん玉    (ゼルダ)9
「俺だって」ニートがとばすしゃぼん玉   (菫)1
消えし夢数をかぞえてしゃぼん玉     (謳夏)0

■兼題=飯蛸
飯蛸を茹でて一品自慢顔          (枕)7
飯蛸にガンを飛ばしたウィンナー    (ひろば)10
食卓でダンスしたそな飯蛸煮      (ゼルダ)0
飯蛸や温泉あがりて椀の中        (乱坊)0
グーグルに飯蛸と打つ句会前       (五七)0
抜歯後の飯蛸噛めぬ哀しさよ       (謳夏)1
「めしたこ?」と聞かれ苦笑し辞書をひく  (菫)1
飯蛸を買う孫のピコピコサンダルも   (タケシ)5
飯蛸に取り憑かれたる妹よ         (竜)11
飯蛸は湯冷め知らずの赤ら顔      (風花)3

■席題=春嵐
春嵐、彼の彼女をひっぱがせ      (ゼルダ)3
春嵐くちびるなんて奪うもの      (タケシ)7
鉢植に呼びとめられて春あらし     (ひろば)8
春嵐部長も課長もいなくなり        (枕)10
春あらし凍える素手に花のかご      (風花)0
春嵐コート間違え泣きをみる       (乱坊)1
春嵐近頃小便近くなり          (五七)1
目にごみが入っただけと春嵐        (菫)0
マフラーの脱がせ上手や春嵐        (竜)0
春嵐出口ふさがれプランタン       (謳夏)10

■席題=椿
さよならの言葉もなしに八重椿     (ゼルダ)1
綿帽子深々かぶる八重椿        (ひろば)7
死ね死ねと怨む人あり椿寺        (五七)0
落椿ゆらゆらと待つ債権者         (竜)8
散椿枝のすき間に流れ星         (乱坊)6
落椿田中角栄邸の裏          (タケシ)1
二日酔い玄関先に痩せ椿          (枕)14
色あせぬ祖母の着物の椿柄         (菫)8
寒椿花より香る深緑           (風花)0
突然の別れのごとし落椿         (謳夏)3

a0072359_15313316.jpg

■今回のトピックス
■もうすぐ雛祭り。というわけではないのでしょうが、女性が多い華やかな会になりました。また今回はいつも以上の秀作ぞろい。3年目にして目に見えて俳句力が上がってきましたね。句会らしくなってきました。
■ゼルダさんが初参加。しかも好成績。「春嵐、彼の彼女をひっぱがせ」には脱帽です。また菫さんが第1回以来顔を見せてくれました。もうすぐご出産。安産をお祈りすると同時に、またの再会の日を楽しみにしています。
■竜さんから「純米酒・臥龍梅」、五七さんから「純米吟醸・玉貴」と「まる田・古酒」、謳夏さんから「焼酎屋の梅酒」、ゼルダさんから「純米大吟醸・寒しずく」をいただきました。また、ひろばさんにはいつものように志満金さんとの連絡係をしていただきました。皆様いつもありがとうございます。
■2次会は志満金さんの向かいの「坐・和民」へ。美味しくて安くてナイスでしたね。紹介者の五七さん、ありがとうございます。
■次は6月の予定ですが、4月には五七さんプロデュースの落語会もあるようです。こちらも楽しみですね。
会報作成=タケシ
[PR]
by go-shichi | 2008-02-25 15:32 | 会報 | Comments(16)

会報Vol.6

五七句会会報通巻6号/2008年/1月発行
日時=平成19年9月22日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろし、タケシ
a0072359_19242924.jpg

出席者=ほら貝、彼方、竜、タケシ、ひろし、五七、
情事、乱坊、枕
天=五七(39点)
地=枕(33点)
人=ひろし(29点)
得票率
1位…実印をゆっくりと押す秋の暮れ(9・26%)
1位…落花生割って未来の人となる(9・26%)
1位…ピーナツが好き雨が好き前科なし(9・26%)
■兼題=糸瓜
最近はヘチマタワシも中国産       (情事)8
裏原やヘチマ頭の娘たち          (枕)5
糸瓜持つモノクロームの祖母の影     (乱坊)1
犬ねむる糸瓜の下の静けさよ      (ひろし)2
窓のふち糸瓜気になるばついちの彼    (彼方)0
いつだって身持ちが堅い糸瓜かな      (竜)3
糸瓜ぶらり私もぶらり大宇宙       (五七)11
ほろ酔い向田邦子やへちま水      (ほら貝)0
先生は僕だけのものへちま穫る     (タケシ)8

■兼題=秋の暮れ
秋の暮柿ノ木坂で恋をして       (タケシ)1
秋の暮れそろそろ飽きたオッパッピー   (情事)0
エアコンの埃にまみれ秋の暮れ      (乱坊)2
健診の結果怯える秋の暮れ       (ひろし)2
秋の暮れ今日から風呂にお湯をはる     (枕)4
友だちにもどれぬ人と秋の暮       (五七)12
サンダルに引け目感じる秋の暮れ     (彼方)1
実印をゆっくりと押す秋の暮れ       (竜)15
口笛や懐具合が秋の暮         (ほら貝)0

■席題=蟷螂(かまきり)
停車場でしゃがむ女蟷螂(かまきり)  (ほら貝)5
蟷螂の雌という名のオカマBar    (ひろし)10
蟷螂を起こさぬように戸を閉める      (枕)13
蟷螂とわかってますがタイプです      (竜)7
腹を見て憎らしさ引く蟷螂の斤      (彼方)0
雑踏に蟷螂まぎれ右往左往        (乱坊)0
かまきりのごとく博徒のつも上がる    (五七)1
蟷螂やなんか気になる転校生      (タケシ)0
エッチにも生死を賭ける雄カマキリ    (情事)1

■席題=落花生
落花生ジュリーは食べたザ・ピーナッツ  (情事)1
落花生割って未来の人となる      (ひろし)15
ピーナツが好き雨が好き前科なし     (五七)15
母さがす棚の中から落花生        (乱坊)0
かけっこはいつも一番落花生      (タケシ)2
二日酔いかばんの底から落花生       (枕)11
朝になり鼻の穴から落花生         (竜)1
カウンター待つ身を知らず落花生のから  (彼方)1
空港で老婆が売るやらっか生      (ほら貝)5

a0072359_19251828.jpg

■今回のトピックス
■初参加が3名(彼方さん、ほら貝さん、情事さん)もいるのに、席題が今回から2つ(ひろしさと竜さんが1つずつ)。しかも難しい! どうなることかと心配しましたが、内容充実の雰囲気のいい句会になりました。
■ほら貝さんから「大信州純米大吟醸厳選中汲み仕込み四十六号」、五七さんから「まる田十二年物」と「火牛 限定醸造特別純米 秋あがり」、彼方さんから「エスペルトワイン」、竜さんから「明鏡止水」、乱坊さんから「海童」をいただきました。また、ひろしさんにはいつものように志満金さんとの連絡係をしていただきました。皆様いつもありがとうございます。
■2次会は沖縄料理「神楽」へ。兼題「糸瓜」にちなんで「ナーベラちゃんぷるー」で乾杯。あまりにも楽しくて会計も盛り上がりすぎちゃいましたね。次回はボトルキープでまいりましょう。
■次は来年の1月か2月にしようという話になりました。それまでおのおの更なるご研鑽を! そして10回を目標に継続していきましょう。

会報作成:タケシ
[PR]
by go-shichi | 2007-09-25 19:29 | 会報 | Comments(18)

会報vol5

五七句会会報通巻5号/2007年/9月発行
日時=平成19年6月10日/場所=神楽坂 志満金
幹事=ひろし、タケシ

出席者=ひろし(谷村ひろし)、五七(三橋英之)、
タケシ(水野タケシ)、竜(杉山竜)、
乱坊(細田孝宏)、風歌(阿部留美)、
るみ姉(佐藤留美)
a0072359_13930100.jpg

天=タケシ(40点)
地=竜(25点)
人=るみ姉(22点)
得票率
1位…入梅やアナウンサーの鼻濁音(18・25%)
2位…海の家すすけたままの招き猫(10・32%)
■兼題=入梅
避妊具を買い溜めておく梅雨入りかな    (竜)1
三合の酒もて余まし梅雨の入り      (五七)5
庭のバラ盛り過ぎたらもう入梅     (るみ姉)0
入梅やアナウンサーの鼻濁音      (タケシ)22
困ったなノッポは先に梅雨入りす    (ひろし)6
梅の入り扉はどこと問う瞳        (風歌)7
梅雨入りて出番減るなりロードスター   (乱坊)7

■兼題=サングラス
昨日まで高校球児サングラス      (タケシ)3
十五才父のグラサン街のボス      (ひろし)0
寝坊して化粧に替わるサングラス     (風歌)3
サングラスその大きさに時思う      (乱坊)5
サングラス鎖骨の下で蠢けり        (竜)1
休刊の涙を隠すサングラス       (るみ姉)11
サングラスをかけ踊り子は小屋に入(い)る(五七)0

■兼題=海の家
海の家籠ったきりの三十路過ぎ     (るみ姉)6
海の家洗い残しのコインシャワー     (風歌)1
数えたら一人足りない海の家      (タケシ)10
少年の吐息うずまく海の家       (ひろし)0
海の家すすけたままの招き猫        (竜)19
プーさんも唐獅子もいる海の家      (五七)1
目覚めれば砂にまみれて海の家      (乱坊)3

■席題=怪談
いつものと変わらぬ化粧で肝だめし    (風歌)0
妻とする怪談話の落ちはアレ      (ひろし)7
肝試し懐中電灯玉切れや         (乱坊)0
生き人が幽霊よりもこわい昼       (五七)1
肝試しそのまま一人戻らない        (竜)4
怪談やときどき遠く見る眼付き     (タケシ)5
行き詰まる人妻口説く肝試       (るみ姉)5

■今月のトピックス
■今回から初めて4題になり、ますます句会らしくなってきました。次回(9月1日はどうですか?)は五七さんが兼題3つ、竜さんが席題1つお願いいたします。今から楽しいお題を考えておいてくださいね。
■初参加のるみ姉さんが見事に「人」。パチパチパチ!
酔いのさめた目で再読すると風歌さんの「梅の入り扉はどこと問う瞳」も才能を感じさせる一句。お二人とも次回作品がますます楽しみです。
■2次会は風歌さん行きつけの韓国料理店へ。甘酸っぱいマッコリに香ばしいチヂミ。ごちそうさまでした。
■五七さんから「まる田十一年古酒」とミニボトルの「余市」「白州」、竜さんから「初亀・吟醸亀印」、乱坊さんから「黒糖焼酎・有泉」、ルミ姉さんから赤ワイン「シャトー ラ リー 樽熟成2004年」、風歌さんから「プレミアムモルツ」をいただきました。ありがとうございます。またひろしさんは志満金さんとの連絡係いつもありがとうございます。次回もよろしくお願いいたします。

会報作成:タケシ
[PR]
by go-shichi | 2007-06-11 13:18 | 会報 | Comments(14)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧