<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

会報Vol.33

五七句会会報通巻33号/2018年/3月発行
日時=平成29年3月17日/場所=恵比寿のレンタルスペース
幹事=五七
出席者=温爺、ゼルダ、タケシ、ねりり、かわうそ、文鳥、久木、鬼八、五七
兼題=桜鯛、春の宵
席題=残雪、お祝いの句(春季)

春三月の句会は、かわうそさんのご結婚の報告とお祝いを兼ねて開催しました。
お祝いの句(春季)の句は、作者が短冊にしたため、かわうそさんにプレゼント。
かわうそさんのご結婚に至る、そして結婚後のあれやこれやの話で盛り上がりながら、秀句が数多く生まれました。

個人成績
天 温爺  20点
地 文鳥  19点
人 ねりり 13点

 ■桜鯛
 漁り火の海に眠るか桜鯛       (久木)
 塩釜を脱皮するごと桜鯛       (かわうそ)
 娘とは奪わるるもの桜鯛       (タケシ)
 桜鯛退職の父帰宅せず        (ゼルダ)
 ホモとして生きると決めて桜鯛    (温爺)
 婿養子にいちばん大き桜鯛      (ねりり)
 暮れ残る水軍の島桜鯛        (文鳥)
 荒波の苦労語らず桜鯛        (鬼八)
 分家には分家の意気地桜鯛      (五七)
 
 ■春の宵
 縛ってとロープ差し出す春の宵    (温爺)
 父の背に追う一つ星春の宵      (久木)
 春宵のふたりあはせて嘘いくつ    (五七)
 春の宵角を曲がればラブホテル    (ゼルダ)
 奪おうかやめておこうか春の宵    (タケシ)
 路地路地の気配に満ちて春の宵    (かわうそ)
 くちびるはやはらかきもの春の宵   (ねりり)
 子ははしゃぎ父は息切れ春の宵    (鬼八)
 新しき箸置き三つ春の宵       (文鳥)

 ■残雪
 雪残る野に淡き影熱気球       (久木)
 玄関に残雪ありて蕎麦の宿      (かわうそ)
 介護とは手の荒るること残る雪    (タケシ)
 残雪や辛子れんこん品切れる     (ねりり)
 残雪や家を出る子に持たす味噌    (文鳥)
 雪残るロシアに足跡秋田犬      (鬼八)
 世界史は米ソ冷戦雪残る       (五七)
 残雪やじわじわきてる人生が     (ゼルダ)
 雪残る人の気持ちを置き去りに    (温爺)

■お祝いの句
 春が来た天の声までビバルディ    (ゼルダ)
 祝宴の客を迎えて春深し       (久木)
 恋叶う満月のロゼ桜鯛        (タケシ)
 うららかに二人暮らしになじみをり  (ねりり)
 それぞれの本読んでおり春炬燵    (文鳥)
 たんぽぽと放任主義の風春をゆく   (鬼八)
 永き日や佳き日やロゼで乾杯す    (かわうそ)
 膝枕馴染みて桜満開に        (五七)
 早春やかわいいうそをつきましょう  (温爺)

a0072359_18000203.jpg
というわけで、次回は夏に涼しいところで吟行もいいかもしれませんね。
それまでみなさま、ご健吟を。



 


[PR]

by go-shichi | 2018-04-01 18:03 | 会報